心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

モンテッラの試行錯誤は続くのか?

f:id:amtmunktpgdj:20171021225035j:image

AEKアテネ戦では予想通り多くの攻撃的な選手をスタメンで起用しましたが、試合内容は最悪なものになりました。いまだチームにフィットするシステムを見つけ出せないモンテッラの"これまで"と"これから"を考えてみます。もちろん、これはモンテッラを批判する内容ではなく、冷静にモンテッラの試行錯誤を分析する内容のつもりです。

・試行錯誤を繰り返すモンテッラ

まず今シーズンこれまでのシステムの変遷を振り返ります。開幕当初は昨シーズンから使っているものをより発展させた4-3-3(新生ミランに感じるポジショナルプレーの可能性 - 心から愛しているACミラン)でした。選手たちに馴染みがあり、ある程度計算できるため、結果を出しながら大幅に入れ替わった選手間の連携を高めてポジショナルプレーを理解させていく、という現実的な選択だったと思います。しかし問題もありました。それは後にモンテッラが語ったように、WGの選手層が薄くELも戦う過密日程のミランにおいて4-3-3を維持できなくなる、というものでした。そしてモンテッラははじめからシーズン中に3-5-2を導入することを示唆していました。4-3-3で土台をつくり、その土台の上に徐々にWGいらずでよりボヌッチを活かせる3-5-2を構築していく、という計画だったと思います。ちなみにこの時点で3バックシステムがなぜ3-4-3ではなく3-5-2だったのかというと、3-4-3ではWGの問題が解決されていないのと、中盤のメカニズムが3人から2人になることで大きく変わってくるため、リスクが大きかったからです。

f:id:amtmunktpgdj:20171021164600j:image

しかし第3節ラツィオ戦に敗れた後、多くのサポーターは3バックへのシステム変更を叫び、またモンテッラも予定よりもかなり早い段階で3-5-2を導入することを決断しました。ELのオーストリア・ウィーン戦の後半、そして第4節ウディネーゼ戦(セリエA第4節 ミラン - ウディネーゼ - 心から愛しているACミラン)では、4-3-3でやっていたことをそのまま3-5-2でも出来ており、ポジティブなものを見ることができていました。しかし2トップの1人としてやや中央でプレーする機会が増えたスソが調子を落とし「スソを外せ」という声を聞こえるようになりました。しかしこの段階でスソを外した3-5-2というのは、4-3-3でポジショナルプレーの土台を作ることができなかったミランにとってシーズン開幕当初からやってきたチームスタイルの土台作りを放棄することになります。サッカーはコロコロとチームの戦い方やシステムを変えて勝ち続けられるような簡単なものではなく、チームに混乱を与えてしまいかねません。4-3-3でやっていたことを3-5-2でも継続しようとしたらそのサッカーの軸であったスソがフィットしない…。モンテッラは試行錯誤を繰り返します。

f:id:amtmunktpgdj:20171021173648j:image

第6節サンプドリア戦で敗れたミランはELのリエカ戦、第7節ローマ戦とスタメンからスソを外し、最終ラインから2トップに向けてボールを蹴り込むサッカーをしました。ローマ戦(セリエA第7節 ミラン - ローマ - 心から愛しているACミラン)はかなり良いパフォーマンスを見せましたが結果を出すことができず状況は複雑に。そして第8節インテル戦、カリニッチの怪我とチャルハノールの出場停止により(スソを外した2トップではチャルハノールがキーマンだった)再びスソがスタメンに入りました。スソが2トップとしてプレーした前半は相変わらず酷いパフォーマンスでしたが、後半からクトローネをピッチに送り込み、スソのポジションを中盤のインサイドハーフに落とすと(試合には負けたが)攻撃面で素晴らしいパフォーマンスを見せることができました。モンテッラも後半のパフォーマンスには手応えを感じたらしく、ここまで試行錯誤を繰り返してきてようやくスソを起用した3-5-2の形が見えてきました。そしてAEKアテネ戦、攻撃的な選手を多く起用したポジショナルプレーを取り戻すのかと期待していました。ちなみにどのくらい期待していたかと言うと、以前ミランのポジショナルプレーに関する記事でこんなことを書いていました。

ミランが3-5-2で変態的なポジショナルプレーをするのであれば、インサイドハーフにスソとチャルハノール、WBにコンティとボナベントゥーラ、CBはボヌッチ、ムサッキオ、ロマニョーリ(またはR・ロドリゲス)、アンカーにビリアかケシエをフィットさせるか、という妄想はできるが、ここ数年バランスを考える傾向が強いモンテッラが、セリエAで変態になる可能性は限りなくゼロに近い。3-5-2になりスソを外すようであれば、より良いポジショナルプレーは期待しづらい。

AEKアテネ

f:id:amtmunktpgdj:20171021183557j:image

まずシステムは3-5-2で表記されていますが、ビルドアップ時は3バックの前にロカテッリのみを置く3-1-4-2、リトリート時はカラブリアが下がって4-4-2になるような可変システムでした。ビルドアップ時の選手の動きは4-3-3に似ていますが、これは今シーズンはじめての試みです。ディフェンスへのリスク等を考えると、これだけ多くのテクニックのある攻撃的な選手を起用するのであれば、必然的にボールを保持しなければなりません。相手チームを押し込み、スペースをつくりながら敵陣でボールを循環させ、ボールを奪われたらその場で囲い込んでボールを奪い、また敵陣でスペースをつくりながらボールを循環させる。つまり4-3-3でやっていたようなポジショナルプレーを導入したサッカーをやるべきですし、当然そのようなサッカーを期待していました。

f:id:amtmunktpgdj:20171021033028j:image

このシステムでのビルドアップはボヌッチから2トップへ当てる、もしくは裏のスペースへ走らせる、というものでした。ボヌッチがボールを持つとクトローネとA・シウヴァが下りてくるポストプレー役と裏抜け役のコンビネーションで動き出します。ポストプレーで相手のCBを引っ張り出し、スソやチャルハノールへ預けて一気に敵陣に押し込む狙いです。

f:id:amtmunktpgdj:20171021215008j:image

まずボヌッチからCB裏へのフィードはほとんど効果的ではなく、さらに簡単に相手にボールを渡してしまうためボールを保持したいチームにおいてマイナス要素が強すぎます。それは昨シーズンのグアルディオラ・シティにも見られた現象で、プレミア特有のロングボールを簡単に蹴ってしまいボールを失うと、攻撃的な選手を多く起用したテクニカルなチームの良さが消され、ディフェンス陣形が整っていない状態でカウンターをくらう、というのが悩みになっていました。スソを起用したミランのスタイルにおいても同じことが言えると思います。そしてもうひとつのポストプレー後のプレーでは、選手同士の距離感もイマイチでコンディションも悪いのか多くの選手が局面における質的優位を確保できず、特に左サイドのボナベントゥーラとチャルハノールは何もできずに試合を終えています。ロカテッリに関してはポジショニングがとても悪く、スムーズにボールを循環させることもできませんでした。おそらく2トップでクトローネ、カリニッチ、A・シウヴァのうち2人を使い、そしてスソも機能させ、さらにボヌッチの良さも引き出すという要素を取り入れたスタイルとしてこのような戦い方をしたのでしょうが、期待していただけに酷いとしか言いようがないパフォーマンスでした。

・ここからの2試合

f:id:amtmunktpgdj:20171021223830j:image

一部報道ではここからのジェノア戦、キエーヴォ戦の結果次第でモンテッラ解任という話まででてきており、それは様々な要素を考慮しても結果の面で悪すぎるのであれば"解任に賛成反対という話ではなくても仕方のない決定"になると思われます。そして試行錯誤を繰り返すモンテッラはとうとう3-4-3を導入すると予想されています。

f:id:amtmunktpgdj:20171021223935j:image

モンテッラが言っていたチームができるまでに100日かかるというのは、当初の4-3-3から3-5-2への移行を予想しての発言だと思うので、チーム作りが遅れていることは明らかです。ここでひとつだけモンテッラに対する不満を言うとすれば、それはラツィオに敗れたあと4-3-3を捨てたことです。負け方こそショックなものでしたがビリアやボナベントゥーラ、ロマニョーリがようやくチームに戻ってきたタイミング、あの1試合だけで3バック導入を求め強い反応を示したサポーター(今では4バックに戻すことを強く求めているが)には「100日待てなかったのか」という多少残念な気持ちもありましたが、モンテッラに関しても3-5-2構築の目処も立っていない段階で簡単に4-3-3を諦める決断は明らかに早すぎたと思います。他にも「メソッド化できていないのでは?」や「バランスを考えすぎるようになってしまったのでは?」などいろいろと思うところはありますが、僕はモンテッラが好きですし試行錯誤を繰り返す彼がチームにフィットするシステムを見つけ、その魅力的なスタイルをチームに浸透させることを今でもそれなりに期待しています。とにかく時間はもう無いので、ここからの2試合がポジティブなものであることを祈っています。

 

Forza Milan!!

f:id:amtmunktpgdj:20171021230115j:image