心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

セリエA第4節 ミラン - ウディネーゼ

ラツィオに大敗した後のオーストリア・ウィーン戦でとうとう3-5-2を試したミラン。2トップを組んだのはカリニッチとA・シウヴァで、攻撃時にはチャルハノールが2人の後ろでプレーする形、スソはベンチスタートだった。前半からオーストリア・ウィーンを圧倒する試合になったが、そこで見せたプレースタイルは縦に早くよりダイレクトなサッカーで、以前記事で書いたモンテッラが目指すポジショナルなサッカーではなかった。前半で3得点したのは素晴らしかったが、こんなに早い段階からポジショナルプレーを諦めなければいけないのかと、わりと残念な気持ちだった。しかし後半途中からスソとボナベントゥーラが同時に投入されると、ピッチ上ではスペースをつくりポジショナルな優位をつくりだそうとするミランを見ることができた。5点を取って快勝したことよりも、モンテッラがまったく諦めていなかったことに興奮してしまった。

f:id:amtmunktpgdj:20170918161715j:image

そして迎えたウディネーゼ戦、2トップを組んだのはカリニッチとスソで、現時点でのほぼベストメンバーでプレーするポジショナルな3-5-2に試合前からワクワクが止まらなかった。

f:id:amtmunktpgdj:20170918161740p:image

3バックになったことで3+1でビルドアップすることができ、ケシエは4-3-3のときよりも高い位置を取る。ウディネーゼボヌッチとビリアをケアしてくるが、ムサッキオとロマニョーリも問題なくボールを供給できるため相手チームからしたら非常に厄介だろう。3-1-6となり、WBが幅を取り相手DF-MF間に4人が入っている。

f:id:amtmunktpgdj:20170918162348j:image

試合はカリニッチのドッピエッタで2-1で勝利したが、点差以上にポジティブなものが見れた。カリニッチ狂としては待ち望んでいた日がついに訪れた。やはりファーストチョイスはカリニッチで間違いない。最高のパフォーマンスだった。スソに関しては、3-5-2では機能しないとは絶対に思わない。アタッキングサードで左右に顔を出し、バイタルエリアでもボールを持つことが多く、4-3-3よりも自由に動いている。ウディネーゼ戦のスソの評価が低いのは単純に技術的な問題だ。好調時のスソは紛れもなくミランのエースだが、パフォーマンスにムラがありすぎる。4-3-3の右WGとして出場したラツィオ戦でもパフォーマンスは悪かった。スソはカットインしてからのクロスが持ち味だが、それだけの選手にしておくにはあまりに勿体無く、4-3-3でも左右に顔を出し、ハーフスペースやバイタルエリアで違いをつくりだしていた。ウディネーゼ戦のスソはサイドに流れても1対1でほとんど勝てなかったところをみると、単純にコンディションや技術的な問題でパフォーマンスが悪かったのだろう。なによりポジショナルプレーを採用してるミランにおいて、スタート時のポジションはそこまで重要ではない。ただこれまで以上に多くを求められるため、ポジションに慣れてより成長しなければいけないことは確かだ。

f:id:amtmunktpgdj:20170918163151j:image

コンティの長期離脱もあり、これまで以上に成長が求められるカラブリアはかなりいいパフォーマンスで、不安だったポジショニングは最高だった。技術的な面でまだまだ成長する必要があり、このパフォーマンスを継続する必要もある。 ただこのタイミングでのこのパフォーマンスはかなり印象が良い。

f:id:amtmunktpgdj:20170918165904j:image

ビリアは最高のパフォーマンスで、状況判断が素晴らしい。チームのスタイルも理解しているように見える。ケシエは雑なパスさえなおれば最高の選手になれる。R・ロドリゲスはより高い位置で質の高いクロスをあげるなど良いパフォーマンスだった。

f:id:amtmunktpgdj:20170918162945j:image

逆にボナベントゥーラのパフォーマンスには不満が残る。このままではチャルハノールのほうが序列は上だろう。ロマニョーリもカードを貰ったあとの最悪なパスは印象が悪い。ボヌッチもディフェンス面では不安しかない。

f:id:amtmunktpgdj:20170918170150j:image

選手個々の悪い面を挙げていけばまだまだ課題はたくさんある。チームの連携もまだまだだ。しかしモンテッラは7月の段階で最低でも100日はかかるとコメントしており、現状を嘆くにはあまりに早すぎる。今はチームを構造化している段階であり、徐々に様々な局面におけるパターンを植え付けていく必要がある。ラツィオに大敗したのは感情的には最悪だが、この時期に4試合で勝ち点9は悪くない。個人的には、これからモンテッラが素晴らしいサッカーを見せてくれることへの期待のほうが今は大きい。今もなお世界中の注目を浴びるグアルディオラバイエルンという壁に立ち向かい素晴らしいサッカーを見せたトゥヘルのドルトムント、そしていま世界中で注目を集めるナーゲルスマンのホッフェンハイムなどに続き、今後ミランが素晴らしいサッカーを見せてくれることを願っている。

勝ち点3を得ることができて満足でした。

f:id:amtmunktpgdj:20170918171846j:image