心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

カリニッチに決めた?それとも?

f:id:amtmunktpgdj:20170813235056j:image

ミランはカリニッチを獲得することに決めたという報道がありました。代理人ラマダニの暗躍でフィオレンティーナは要求額を下げたとされ、2500万€程度(2500万€+500万€のボーナスか、2500万€+アントネッリ?)で合意に達するだろうとされています。そして月曜か火曜には獲得を決めるとされています。さあ、いよいよストライカー獲得が決まりそうです。カリニッチ狂がもう一度ユニフォーム代を握りしめる段階にきましたね。カリニッチ獲得はとても現実的で良い判断だと思います。開幕が近づいてくる中、良いニュースが届きそうです。が、未だに他のストライカー獲得の可能性も報道されており、再びミランの周辺が騒がしくなってきました。

f:id:amtmunktpgdj:20170813235948j:image

オーバメヤンがとうとうミラン復帰希望を口にしました。さらにドルトムントの練習を風邪で早退したそうです。明らかに移籍に向けた駆け引きがはじまっていますね。ミラベッリのファーストチョイスはオーバメヤンであり続けたこともあり、もう一波乱起きそうな予感がします。オーバメヤン派vsカリニッチ派みたいな構図がミラニスタの中でありますが、ぼくがカリニッチ派なのは明らかです。ただオーバメヤンが良い選手ではないと言っているわけではありません。時折見せる世界最高レベルのプレーは魅力的ですし、決定力も高く、足が速いだけの選手では勿論ありません。ただぼくがどうしても気に入らないのはプレーの雑さですね。つい先日のバイエルン戦、オーバメヤンがかなり良かったと聞いたので見てみたのですが、確かに素晴らしいゴールでしたし、プレーの幅もあっていい選手だとは改めて思いました。ですがポストプレー、サイドに流れてのプレーが雑であり、決して成功率は高くなかったと思います。ミランに来てくれたら活躍はしてくれるかもしれません。ですがどうしても移籍金、年俸ともに高すぎる印象が強いですね。その移籍金を出すのであれば将来性もあるベロッティのほうが明らかにいい補強だと思います。ただミラン復帰を熱望してくれているのは純粋に嬉しい話ですね。

f:id:amtmunktpgdj:20170814001319j:image

そのベロッティをまだ諦めきれないという報道もあります。ミランは7500万€+ニアンというオファーを検討。これはカイロ会長も多少考えざるを得ないオファーだとされています。ベロッティのこの移籍金も明らかに高すぎます。ですがオーバメヤンと違って年俸を抑えられること、年齢と国籍的な要素、セリエA経験者であることなどは考慮するべきですね。それでも高いのですが、ベロッティならまだ全然納得できますね。個人的な感情も含めて。

f:id:amtmunktpgdj:20170814002054j:image

ちなみに別のプランとしてドルベリ獲得、またはカリニッチとセットで獲得というような報道もありましたが、A・シウバを獲得したミランがドルベリを獲得する必要性はまったくないのであり得ませんね。そういえば2ヶ月くらい前、日本のミラニスタの中で謎に「ドルベリ獲得しろ」みたいな論調が増えてたのなんだったんだろう。

 

f:id:amtmunktpgdj:20170814002514j:image

なんかここ1ヶ月くらいで急に「やっぱカリニッチ獲得してほしい」みたいな人増えてきたな。カリニッチ狂の活動のおかげ????

f:id:amtmunktpgdj:20170814003045j:image

っていうのは冗談として、いよいよストライカー獲得も大詰めでしょうか。さらに楽しみなチームになりそうですし、チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けてしっかりとチームになって、今シーズンはここ数年よりも喜びが多いシーズンにしたいですね。