【ジャンパオロの色が出てきたミランとマッツァーリの4-4-2変更】セリエA 第5節 トリノ×ミラン

はじめに

前節のミラノ・ダービーではチームとしての狙いがいまいち見えてこず、すべてがチグハグなままあっさりと敗戦。いまだにチームとしての完成度は上がってこず、システムの最適解を探しながらの戦いが続いている。開幕から4試合で2勝2敗はある程度想定内の結果ではあるが、ここからの厳しいトリノ戦、フィオレンティーナ戦がチームの結果としては重要になってくる。ジャンパオロはどのようなシステムを選択して自身のフットボールを表現していくのだろうか。

フォーメーション

f:id:amtmunktpgdj:20190928143241p:plain

ミランインテル戦前半途中に4-3-1-2から4-3-3に変更。守備体系が変わらない4-3-1-2の亜種ではなく、オーソドックスな4-3-3を採用した。スタメンには新戦力であるテオ・エルナンデスやベナセル、レオンなどが入った。

トリノは3-4-1-2を採用。ミランの攻撃のカギとなる中盤3枚とがっつり噛み合わせてくる形をとってきた。

 

この記事はジャンパオロの基本的なプレーモデルを踏まえた分析になります。より深く理解するためには合わせて読んでいただくことを強くお勧めします。

 

前半/ミランのボール保持

ミランのビルドアップ時、トリノががっつりマンツーマンで噛み合わせてくるのはインテルと同じ。ミランはWBからのプレッシャーがワンテンポ遅れてくるSBでポゼッションを安定させる。

f:id:amtmunktpgdj:20190928145427p:plain

得点はカラブリアにWBのアイナがプレッシャーをかけてきたところを、その裏のスソにボールを送りこんだところからチャンスを作り出し、ピョンテクのクロスにエリア内のレオンが倒されPKを獲得したことで決まった。この試合前半のピョンテクは、これまで以上にジャンパオロのスタイルに必要なFWの動きを多くこなそうというプレーを見ることができ、それらのプレーの質を上げていきながらコンスタントに得点も重ねていくことが今後の課題である。

 

ジャンパオロのフットボールにおいてサイドのオーバーロードアイソレーションアタックはメインとなる攻撃パターン(オーバーロードにするのはボールを失った直後の守備のアプローチとしても重要)だが、4-3-1-2というシステムではこれをスムーズにこなせる選手の配置になっている。

f:id:amtmunktpgdj:20190928150859p:plain

ジャンパオロの基本的プレーモデルの記事内で使用した画像

4-3-3へとシステムを変更したジャンパオロだが、このような基本となるスタイルは変わらない。4-3-3ではアイソレーションサイドに突破力に優れたウイングを配置することができるため、この攻撃はチームとしてよりチャンスを生み出すために重要なものになってくる。基本は細かいテクニックを持っていて対角にパスが出せるスソを配置した右サイドをオーバーロードサイドとして、左サイドをアイソレーションサイドとするが、この試合でのミランは左サイドに縦への推進力があるテオ・エルナンデスとレオンを起用しているため、この傾向はより強く、チームとしての強みにもなる。

f:id:amtmunktpgdj:20190928153416p:plain

 

この試合のミランはこのようなパターンを何度も見せており、ジャンパオロは4-3-3というシステムでも自身のゲームモデルを運用することができるというところを見せてくれた。さらに、ポゼッションをしながら縦にはやく仕掛けるジャンパオロのスタイルにおいてひとつの攻撃パターンとなってきそうなのがプレッシング誘発からの擬似カウンターで、これについても今後再現性のある攻撃パターンになってきそうではある。

 

前半はこれらの攻撃スタイルをひたすら見続けることができたのが大きな収穫で、これらのプレーを再現性のある攻撃としてチームで共有できていた、というところが見えてきたのは結果に関わらずかなりポジティブな内容だったといえる。とはいえ、個々の判断ミスも多く、まだまだ戦術の浸透には時間がかかりそうではある。

 

 

前半/ミランのボール非保持

4-3-1-2から4-3-3に変更したことで守備体系も少し変わってくるが、基本は変わらない。ファーストプレスからサイドに誘導していくが、サイド誘導後ボールホルダーに寄っていく相手中盤の選手についていき中央を経由してのサイドチェンジをさせない守備は、4-3-1-2ではトップ下の選手のタスクであったが、4-3-3ではFWのピョンテクがそのタスクをこなす。

f:id:amtmunktpgdj:20190928165927p:plain

トリノミランのSB裏のスペースにFWを走らせるがドンナルンマ、ロマニョーリ、ムサッキオがうまく対応してチャンスらしいチャンスをつくらせず前半を終えた。

 

後半/ミランのボール非保持

 ミラン相手にほとんどいいプレーが出来なかったマッツァーリは後半から選手の配置を変えてくる。アイナを攻撃時には一列あげ、ヴェルディをサイドに置いた4-4-2へ変えたことで後半のミランは苦しむことになる。

f:id:amtmunktpgdj:20190928172705p:plain

前半のトリノミランのSBへのプレッシャーがワンテンポ遅れること、そのプレッシャーに行ったところでWB裏を使われること、1対1の局面でほとんど勝てずサイドで数手優位も作れないため攻撃が詰まってしまうことなどで苦しい試合展開になっていたが、この4-4-2への変更でそれらを解決する。

f:id:amtmunktpgdj:20190928183007p:plain

アイナとヴェルディでSBをマンツーマンでみて、ベナセルはFWとリンコンの運動量でなんとかカバーする。WB裏のスペースを使われていたのもサイドにもう一枚SBを置くことでケア。CBの枚数が減ることになるがピョンテクのポストプレーからボールを進められることはほとんどないため、そこまでリスク管理をする必要もない。前からプレッシャーをかけられたミランは前半のようにボールを前進させていくことが難しくなり、ロングボールを使って前線の選手にボールを進めようとするが、これもマッツァーリにとっては想定内で、ミランがリードしている展開ではあるものの試合をコントロールさせず、試合をオープンな展開にさせられる。

さらに後半12分にリャンコに代えてアンサルディ、21分にヴェルディに代えてべレンゲルを投入することでより攻撃的な姿勢をみせる。ジャンパオロとしては疲れが出てきたチャルハノールと、守備強度に問題があり自陣に戻れなくなってきたレオンのいる左サイドの守備において運動量を確保するため、さらにはオープンな展開を抑えボールキープができ試合を落ち着かせられそうなボナベントゥーラをレオンに代えて投入する。これは縦への推進力という点では控えにレビッチを残してあることも影響しているように感じる。

トリノの同点弾はカウンターからベロッティとムサッキオの1対1の状況を作られ、そのままベロッティに決められた。2点目はアンサルディから素晴らしいサイドチェンジで逆サイドに展開され、4-4-2でサイドアタッカーを配置したことでカラブリアが釣られてしまい、CB2枚対ベロッティ、ザザのFW2枚の局面を作られて失点。ミラントリノの4-4-2変更に対してうまく対応できずあっという間に逆転されてしまった。

 逆転されたミラントリノが引きこもることを想定して、後方での数的優位よりも前線の枚数を増やす決断。すでにイエローカードをもらっているアンカーのベナセルに代えてレビッチを投入して4-2-4の形で得点を狙いにいった。試合終盤に2つ決定機を迎えたがいずれも決められず、ポジティブな前半から打って変わって痛い敗戦となってしまった。

おわりに

ポジティブな内容だった前半終了時点では、このまま勝利で終わることができればチームは乗ってくるだろうと思っていたが、この敗戦は非常に痛い。ただ前半は今季ここまでの試合でいちばんの内容であり、4-3-3でもジャンパオロのスタイルを表現できることがわかったのはかなりポジティブではある。おそらくこの後数試合は4-3-3で継続していくだろうし、さらに戦術理解を深めながら結果を残していければ、と思う。そしてジャンパオロは前半のプレーを継続していけばチームは強くなるということを選手たちに信じ込ませなければならない。勝つことができれば言葉はいらなかったのだが。

【なにも出来なかったミラン、収穫はなし】セリエA 第4節 ミラン×インテル

f:id:amtmunktpgdj:20190927024828j:image

 

 

【前半でプラン変更 4-3-3でもぎ取れ勝ち点】セリエA 第3節 エラス・ヴェローナ×ミラン

はじめに

代表ウィークを挟んでのジャンパオロ・ミラン3試合目。これまでのジャンパオロであればこの時期を使って少しでもチームの完成度をあげていくところだが、ほとんどの主力が代表に招集されてしまい、コンディション不良のままギリギリでチームに戻ってくるミランのようなチームではそれは難しく。前節のように、昨季の戦力を中心にある程度誤魔化しながら勝ち点を拾っていくような試合になると予想された。メディアではシステムを4-3-3にするのか、いやいやまずは4-3-2-1だろう、などと大いに盛り上がっていたが、この試合でもジャンパオロの選択はあくまで4-3-1-2であった。

フォーメーション

f:id:amtmunktpgdj:20190917145129p:plain

ミランは前節と同じく4-3-1-2の亜種。最終ラインは同じメンバーで、アンカーにはビリアが入る。前節はカスティジェホが入ったトップ下にはパケタが入って、スソとピョンテクのコンビも同じ。

昇格組であるヴェローナは3-4-1-2を採用。ここまで1勝1分といいスタートを切っている。

 この記事はジャンパオロの基本的なプレーモデルを踏まえた分析になります。

 

前半/ミランのボール保持

 ミランヴェローナの選手の配置的に中央はがっつり噛み合わせが合うため、ある程度ボールを持ちやすいSBからボール前進を狙うミラン。特にスソがサイドに流れていることもあり、WBや中盤からのプレッシャーが遅くなるカラブリアはボールを持ちやすい。ミランカラブリアからズレを作りつつ、いい形でパケタにボールを渡したい。

f:id:amtmunktpgdj:20190917150725p:plain

 この試合では前節のようなスソのいる右サイドのオーバーロードアイソレーションによるアタックというよりも、開幕節のように(つまりジャンパオロ本来の形のように)ヴェローナの中盤を引き出して、その裏でパケタやスソがボールを持てるようにしようという意図がなんとなくみえた。ヴェローナはライン間でプレーしようとする選手にはCBが前へ出て対応。

 

 ここまではスソが基本的には右サイドへ位置しているが、前節よりも中央でのプレーも意識しているようにみえ、どうにか中央、あるいは右サイドから崩そうという狙いがあったが、まだ具体的な崩しのアイデアを共有できておらず、なかなか崩し切ることはできないという印象だった。前半21分にヴェローナのステピンスキが退場したことによって、ミランはこれらの用意してきた狙いができなくなる。

f:id:amtmunktpgdj:20190917155012p:plain

 退場者を出したヴェローナはすぐさま5-3-1で完全撤退。ミランが使えるスペースはほとんど無くなることになる。

 

 

 やはりスペースを消されるとより攻略が厳しくなってくるミランにおいて、パケタは徐々に自分がなにをすべきかがわからなくなっていき、試合から消えていったまま前半は終了した。

 

後半/ミランのボール保持

 後半開始とともにパケタに代えてレビッチを投入したミランはシステムも4-3-1-2から4-3-3へと変更。このシステム変更により、5-3-1で徹底的に守るヴェローナ相手にパケタに中央でスペースを与えるように動いていたチャルハノールやケシエがより高い位置で攻撃に絡むことが可能。基本はWGとSBのコンビにIHが絡むことで崩していこうという狙い。ミランでいちばんチャンスになりやすいスソからのクロスは、前半はピョンテクとたまにパケタがエリア内で待機しているくらいだったが、後半には両IHとレビッチまでもが絡むことができるようになった。5-3-1で守るヴェローナに対してバランスよく選手を配置して、ミランはなんとか得点をもぎ取りたい姿勢をみせた。

f:id:amtmunktpgdj:20190918213658p:plain

このシステム変更によってミランはPK獲得、ピョンテクが初ゴールを決める。ヴェローナを押し込んだ状態で左右にボールを動かし、中盤3枚をスライドさせてスペースを生み出そうとするミラン。ボールが左右に動くたびにピョンテクのマークの受け渡しをするヴェローナの2CBと、エリア内に入ってきているレビッチをマークするCBは、中央バイタルエリアに入ってくるチャルハノールを潰しにいけず、チャルハノールは一瞬前を向く余裕ができる。そこからピョンテクとのワンツーから放ったシュートがヴェローナCBの手に当たってPKを獲得。

f:id:amtmunktpgdj:20190918220325p:plain

 

 

 先制したミランは無理することなく、終了間際にカラブリアの退場というアクシデントこそあったが、そのまま試合を終わらせて2連勝。まずまずの結果で次節はダービーを迎えることになる。

 

おわりに

 試合開始時はジャンパオロの4-3-1-2で中央を攻略する狙いをみせたミランだったが、ヴェローナに退場者が出て5-3ブロックで引いて守られてからは攻撃が機能せず。後半から4-3-3にシステムを変更して選手の配置と役割を変えたことでなんとか勝ち点3をもぎ取った。代表ウィーク明けで、戦術浸透にも選手のコンディションにも不安があるなかで勝てたのは大きい。さあ、これからジャンパオロのゲームモデルも少しずつチームに浸透していくか?というところで次節はコンテ就任のインテルとのミラノ・ダービー、その次はアウェーで難敵トリノ、その次はまだ結果こそ出ていないが怖い存在であるフィオレンティーナ。戦術理解を深めながらも、この3連戦でなんとか2勝はしたいところ。ジャンパオロにとって最初の試練となりそうだ。

 

 

第1節 ウディネーゼ


第2節 ブレシア


【エースを活かす配置の最適解を求めて】セリエA 第2節 ミラン×ブレシア

はじめに

ジャンパオロ・ミランの2試合目。前節はジャンパオロの色こそ出たが、その完成度はまだまだ低く、トップ下に入ったスソは攻守において低調なパフォーマンス。点を取れずにセットプレーでやられる痛い黒星スタートとなった。試合後、システムの変更が示唆されたが、これまでのキャリアでジャンパオロは4-3-1-2システムにこだわり続けた男でもある。そんなジャンパオロに1試合でシステム変更を匂わす発言をさせるとは、さすがミラン、というところであった・・・。が、実際試合に入ってみれば、やはりそれは変則的な4-3-1-2であった。これはジャンパオロの妥協か、チームの最適解か。

フォーメーション

f:id:amtmunktpgdj:20190901070602p:plain

ミランは表記上は4-3-2-1ともできそうだが、ジャンパオロはスソをFWでプレーさせたと試合後に語っており、守備体系も4-3-1-2であったため、ここでは4-3-1-2表記にする。新加入のベナセルがスタメンに入り、前節アンカーでプレーしたチャルハノールは得意のMEZに配置。右サイドにカラブリア、ケシエ、スソを置いて、昨季までの連携を活かす。完全に構想外にされていそうだったアンドレ・シウバのスタメン起用は驚いた。

昇格組であるブレシアも4-3-1-2を採用。前節カリアリ相手にPKでの1点を守り切って勝利したが、相手がアウェイでのミランともなればそう簡単にはいかないはず。

 この記事はジャンパオロの基本的なプレーモデルを踏まえた分析になります。

 

 前半/ミランのボール保持

 この試合は表記システムの噛み合わせ的に両チームとも4-3-1-2を採用したミラーゲームになるかと思われたが、そんな噛み合わせをジャンパオロは選手の配置によって悉くズラしていく。後ろからのビルドアップは2CB×2FW、アンカー×トップ下の数的同数でがっつり噛み合わせが合うため、空いているSBに逃げたくなるが、ミランはケシエがベナセルの横に落ちることで4対3の状況を作り出す。これに対してブレシアのMEZは付いていかず、SBへのプレスというタスクも与えられていたため、カラブリアもケアしながらケシエもなんとなくみる、という微妙な位置にいることが多かった。チャルハノールは中央寄りに立ち、FW起用のスソは常にお得意の右のタッチライン際に配置。カスティジェホはスソのいた位置の近くへ。基本的にはスソのいる右サイドからの攻撃を試みる。

f:id:amtmunktpgdj:20190901075804p:plain

 

ゴールキックの時にはベナセルが上がり、ケシエとチャルハノールの2人が落ちるという形をみせた。

f:id:amtmunktpgdj:20190901080141p:plain

ミランの攻撃はスソのいる右サイドをケシエ、カラブリア、カスティジェホも絡んだオーバーロードでのコンビネーションによる崩しと、左サイドのアイソレーションでスソのサイドチェンジからR・ロドリゲスがボールを持ち、アンドレ・シウバやカスティジェホが相手SB裏スペースへ飛び込むという形が基本。右サイドのスソ、ケシエ、カラブリアは昨季まで4-3-3の右サイドを担当していたので選手間の連携はしっかり取れている。

f:id:amtmunktpgdj:20190901084826p:plain

f:id:amtmunktpgdj:20190901085943p:plain

前半のミランは相手CB-SB間をズラして、スペースを作り出してそこに飛び込むという形で何度かチャンスは作った。チームでいちばんのチャンスメーカーであるスソを右サイドでワイドに張らせることを前提にしているため、右のオーバーロードから左は速くシンプルな攻撃で崩していくことを目指していた。サイドスペースへの飛び込みとそこからの展開を考えると、ピョンテクではなくアンドレ、右でオーバーロードに参加してから左で飛び込む運動量を持っているカスティジェホがトップ下という選択は悪くない。そしてパケタはまだチャルハノールほど細かいポジショニング修正ができず、トップ下起用は前節のようなトップ下の役割であればまだあり得るが、スソを前提としたこの試合でのトップ下の役割はおそらく厳しい。さらにコンディション的にも不安があるためベンチスタートは十分理解できる。こうしてスタメン選考の理由が試合を通して少しずつ明らかになってくる。

 

 

結果的には右サイドでのコンビネーションでスソがスペースに飛び出し、その後のスローインからスソのクロスをチャルハノールが合わせてミランがこの試合の決勝点となる1点を取った。

 

前半/ミランのボール非保持

前節はミランのサイド限定プレッシングによるボール奪取ゾーン誘導が、ウディネーゼの配置とトップ下に入ったスソの残念な出来(中央アンカーへのコースを切れずプレスの強度もなくやられ放題だった)によって崩壊、特に後半はボロボロだったが、この試合はスソをFWとして起用しているため守備負担を軽減できる。スソの代わりにトップ下に入っているカスティジェホは運動量も豊富で守備意識も高い。ミランはミラーゲームによる噛み合わせを配置でズラして攻撃していたが、ブレシアはそのままビルドアップを試みる。それに対してこの試合のミランはマンマーキング気味の高い位置でのプレッシングによってボール奪取を試みる。これがうまくハマってブレシアは後ろからボールを繋ぐことがなかなかできなかった。攻撃時には噛み合わせをうまくズラし、守備時には噛み合わせをうまく使ったジャンパオロだった。

f:id:amtmunktpgdj:20190901094832p:plain

 

後半/ミランのボール保持

 後半からブレシアは明確に前にでてくる。ミランのドンナルンマまでプレッシングを行ってきたため、後方でバタつく展開に。それならばと、あえて中盤を飛ばしてFWへのロングボールを蹴り始め、試合は少しずつオープンな展開になっていく。ミランアンドレポストプレーの役割を担うような展開になったため、ピョンテクを投入。チャルハノールに疲れが出てきたらパケタを投入。パケタがワイドに開くことでピョンテクへの楔を入れられるシーンが出てきた。そしてそれまでプレーの質自体は決して高くなかったが、攻守に献身的に動いていたカスティジェホに代えてボリーニ。なんとか試合を締めた。

f:id:amtmunktpgdj:20190901132023p:plain

 

後半/ミランのボール非保持

 後半も守り方は同じ。1-0というスコアだったこともあり、各ポジションの運動量を選手交代などで維持しつつ、オープンな展開になっても最後のところでギリギリ失点を防いだ。

 

 おわりに

 ウディネーゼ戦から、今できることをしっかりと修正してきた印象。スソのポテンシャルを活かすためにサイド偏重ではあったが、オーバーロードアイソレーションでの崩しはジャンパオロのスタイルを踏襲。スソを右に置くことを前提としたスタメン選考とその配置は見事だったと思う。各選手のポジショニングの悪さは、そのままジャンパオロ・スタイルの浸透してなさだと思うからこれから少しずつ改善していけるだろう。ただ、この試合のような戦い方は必ず早い段階で限界がくるのとピョンテクとパケタを活かしきれない部分はあるので、このようにチームにいる選手の特徴を出せる配置を考えつつ、少しずつジャンパオロのゲームモデルの浸透を目指していってほしい。もちろん、誰もが我慢が必要なのは明らかだ。

 

 第1節 ウディネーゼ

amtmunktpgdj.hatenadiary.jp

【中盤の配置攻防】セリエA 第1節 ウディネーゼ×ミラン(1-0)

はじめに

ジャンパオロ・ミランの船出となった試合。昨季まで率いていたガットゥーゾが辞任、より戦術的、より技術的にチームを成長させ、財政的なゴタゴタの中でもしっかりとマネジメントできる監督を、という中で選ばれたのがマルコ・ジャンパオロ。自他ともに時間がかかるという認識のもと始動したチームは、プレシーズンでは低調な出来。「時間がかかる」という文言は一昨季のモンテッラも執拗に訴えていたことで、結果的にはサポーターも早々に我慢ができなくなり、モンテッラもチームを作れなかったという経緯があり、すでに怪しげな空気も漂う。内容とともに最低限の結果が求められるチームでジャンパオロはうまくチームを成功に導いていけるのか。

 

フォーメーション

f:id:amtmunktpgdj:20190830010658p:plain

 ミランはプレシーズン同様、ジャンパオロお馴染みの4-3-1-2を採用。アンカー予想だったビリアは怪我で招集外、新戦力は軒並みコンディション不良という中で、昨季までの戦力が不慣れなポジションを努めなければならないという事情もあり、このようなスターティングメンバーに。注目はモンテッラガットゥーゾともにそのポテンシャルの高さを評価して中央での起用を試すも、一度も成功したことがないスソのトップ下起用。

トゥドール監督のウディネーゼは3-5-2を採用。エースであるデ・パウルはベンチスタートとなっている。開幕節でミランと当たることに関して肯定的に捉えていたトゥドールは、完成度の低いミランに対してどのように戦うのか。

 

 

この記事はジャンパオロの基本的なプレーモデルを踏まえた分析になります。

 

 前半/ミランのボール保持

 まず4-3-1-2対3-5-2はシステムの噛み合わせ的にあまり相性がよくない。FWは2人に対して3人、中盤はそれぞれ同じポジションに相手選手もいて、アンカーはFWの1人に消されてしまう。噛み合わせの時点で、中央でフリーマンを見つけ出すことは難しくなっている。

f:id:amtmunktpgdj:20190830011527p:plain

この噛み合わせの悪さにジャンパオロはMEZの動きで対応する。前半、ボールサイドのMEZは頻繁に横の動き(SBの位置まで降りることが多かった)で、ミドルゾーンでコンパクトなブロックを形成してスペースを埋めているウディネーゼのIHを釣りだそうと試みる。その際SBは高い位置でWBをピン留めさせておく。中央にパスコースを作り出したら、ピョンテクとカスティジェホ、あるいはスソが動いて楔を受ける動きをみせる。

f:id:amtmunktpgdj:20190830012408p:plain

f:id:amtmunktpgdj:20190830015437p:plain

 前半はパケタがパスコースを空け、ピョンテクに楔を当てるポストプレーによってボールの前進を試みたが、ピョンテクがベカンを背負ってプレーすることができず、うまくいかなかった。また味方同士の距離感も悪く、このあたりはまだジャンパオロのフットボールが馴染んでいないであろうことが見て取れた。

 

 前半/ミランのボール非保持

 ミランは前線からのサイド限定プレッシングでボール奪取ゾーンへの誘導を試みるが、ウディネーゼも対策を用意してくる。ウディネーゼの中盤3枚は左右非対称にIHを配置して、スソとパケタに守備の潰しどころを惑わさせることを目指す。このウディネーゼの中盤の配置は、前半こそ効果的ではなかったものの、後半はこれにやられることになる。

f:id:amtmunktpgdj:20190830032528p:plain

 

後半/ミランのボール保持

後半もMEZが横に開いて中央にスペースを作り出すやり方は変わらず。後半スタート時はベカンに勝てないピョンテクをカスティジェホと配置変更して、カスティジェホのスピード勝負に持ち込もうとしたが、うまく攻めれず結局もとの形に。攻守でミスが目立ち始めたボリーニに代えてケシエを投入することで、右サイドをカラブリア、ケシエ、カスティジェホ(本当はスソも)のいつものメンバーを近くに配置することで連携面での向上を狙ったがこれも効果的ではなく。カスティジェホが降りてCBを釣りだし、ケシエがそのスペースに飛び込む攻撃をみせるがこれもうまくいかず。オープンな展開に備えてカスティジェホに代えてレオンを投入、裏へのスピードを期待したがこれも効果的ではなく。最後はスソをワイドに置くいつものスタイルでなんとかゴールをもぎ取ろうとしたが、結局点は取れなかった。

 

後半/ミランのボール非保持

 後半のミランは守備がボロボロだった。前半こそ、まだ中央エリアへのパスコースを閉じる意識が見られたが、後半はその意識が薄れ危機感も感じないままウディネーゼのIHの配置にやられ放題。

 

 

 中央を閉じれず、サイドチェンジによってフォファナに何度もチャンスをつくられていたが、トゥドール監督はこのフォファナのポジションにエースのデ・パウルを投入することでより良質なチャンスを作り出そうとする。が、そのようなチャンスを作り出す前に、投入直後のデ・パウルが蹴るCKでミランは失点。結果的にこれが決勝点となった。

 

おわりに

 前半のお互い手詰まりな状況から、セットプレーか後半のオープンな展開が勝負の分かれ目だろうと思っていたが、やはりセットプレーからやられてしまった。ミランは攻守において完成度が低く、ジャンパオロのフットボールの浸透はまだまだ時間がかかりそう。なによりスソは攻守において(特に後半の守備)低調な出来。やはりスソのトップ下は難しいのでは。ただジャンパオロ色は出ているので、あとはどれくらいはやくシステムを決めてそのスタイルを浸透できるかが成功のカギになってくる。次節はシステム変更があるらしいので、またしっかりと観ていきたい。

ウディネーゼはトゥドール監督が用意してきたIHの配置が後半に活きた。フォファナのポジションでチャンスを作り出せているとみるや、そのポジションにデ・パウルを投入したのも見事だった。上位を目指すチームではないが、やはり今年もめんどくさい相手である。

ジャンパオロの基本的プレーモデルと4-3-1-2の運用について

f:id:amtmunktpgdj:20190827224312j:image

今季からミランを率いることになったマルコ・ジャンパオロのプレーモデルと、その実現のためのシステム(4-3-1-2)の研究。

 

まず頭にいれておきたいのは、ジャンパオロのフットボールは近年のモダンフットボールにおける一般的な共通認識からはズレているということ。ボールを保持して相手守備ブロックと対峙するとき、多くのチームは相手守備ブロックを横に広げるために幅を取る選手を配置して、よりゴールに近い位置である中央エリアで多くのスペースを生み出すことを目指します。しかしジャンパオロは、多くのスペースを作り出すワイドな攻撃よりも、狭い中央エリアのスペースをより直線的な攻撃によって攻略することを好みます。相手がコンパクトに中央エリアを封鎖するのに対して、ジャンパオロも中央に多くの選手を配置して、彼らの動きとテンポよくボールを動かすことによってギャップを生み出して、効果的な縦へのパスによって守備ブロックの攻略を試みます。この攻撃の実現のためにジャンパオロは4-3-1-2というシステムを選択しています。

 

f:id:amtmunktpgdj:20190827224455p:plain

4-3-1-2と4-3-3における中央エリアの比較

 4-3-1-2というシステムでは多くの選手をボールに近い位置に配置することができます。2人のFWもサポートを行いつつ、最終ラインでボールを動かしながら、中盤のダイヤモンドも動きつつ、素早く相手の中盤ラインを突破することを試みます。そこではショートパスの正確性と選手間のコンビネーション(レイオフなどの連携)が大事になっていきます。その崩しのアイディアは、ジャンパオロの友人でもあり今季からユベントスを率いることになったサッリのそれと非常に似ています。サッリもエンポリ時代は4-3-1-2を採用していましたが、ナポリでは4-3-3でインシーニェのいる左サイドのオーバーロードカジェホンのいる右サイドをアイソレーションさせていました。ジャンパオロのフットボールも、基本的には中央のオーバーロードによって、ゴールにいちばん近いが崩すのは困難というエリアを直線的に崩していくスタイルですが、4-3-1-2はピッチのどの領域においても非常に近い距離感でプレーすることが可能なので、どこでプレーしていてもそのスタイルは有効です。

 

f:id:amtmunktpgdj:20190827232201p:plain

 ジャンパオロのフットボールではボールに近い位置に選手が密集する傾向にありますが、それに対応する相手の人数も多くなり、ボールに近いエリアではとてつもない密集状態になります。サッリ同様にこれらのオーバーロードの性質を活かして、結果的に中央のスペースを攻略するのもジャンパオロのフットボールの特徴のひとつです。

 

ジャンパオロのエンポリによる左サイドから中央、中央から右サイドへの攻略

 

 ジャンパオロのフットボールは自分たちでボールを握りながら主導権を得ていくスタイルですが、攻撃のテンポは非常に速いです。中央で効果的に崩すためのパスコースを見つけ出すまで、最終ラインと中盤でボールを保持する時間が長いので一見そうは見えないですが、相手の守備ラインを超える縦パスが入ってからの攻撃はとてもはやく、迅速にフィニッシュまで持ち込みます。

f:id:amtmunktpgdj:20190828025210p:plain

中央で崩して素早く相手の2列目の背後を取ることを目標とする

 

ただ初期配置のままなんとか縦に入れようとしても、相手もしっかりと守備ブロックをつくってコンパクトに守っているので難しく、また相手に引っかかりカウンターを受ける危険性があるため、中盤の選手たち(特にMEZの選手)の動きが大事になってきます。彼らの動きと中盤ダイヤモンドのコンビネーションによって、相手の守備ラインを破る縦パスを狙っていきますが、このときにいわゆるレイオフ(楔のパスを受けた選手による落としのパス)を取り入れた動きが必要になります。通常縦パスを受ける選手は相手ゴールに背を向けた状態で受けることが多いですが、これでは後ろからのプレッシャーがかかり、ゴール方向へ向きを変えるのは非常に困難です。これらの障害を回避して縦パスを効果的なものにするための方法としてレイオフがあります。レイオフパスを受ける選手は相手ゴールを向けているので、これらを効果的に行うことによって直線的でテンポの速い攻撃を生み出すことができます。通常レイオフは近い距離に選手がいる必要がありますが、4-3-1-2では非常に近い距離で多くの選手を配置しているので実行しやすくなります。ジャンパオロのフットボールは、最終ラインでのポゼッションから、この中盤の選手の動きとレイオフを取り入れた縦志向の攻撃によって相手の守備ラインの突破を目指します。

f:id:amtmunktpgdj:20190828034009p:plain

CBからトップ下へ。アンカーは一度パスコースを空けてからレイオフパスに備える。右MEZはサイドに開いてパスコースを作り、左MEZはトップ下が空けたスペースへ動く。

f:id:amtmunktpgdj:20190828034226p:plain

レイオフを行いスペースへ進入、楔を受けた選手がそのまま3人目の選手に出せたらなお良い

f:id:amtmunktpgdj:20190828034337p:plain

相手の守備ラインを突破することに成功

  

ジャンパオロのフットボールにおいて、もうひとつ特徴的なのはポゼッション時に通常SBが高い位置を取らないことです。いまでは多くのチームがポゼッション時にSBに高い位置を取らせ、中盤が最終ラインまで落ちるような形を取りますが、ジャンパオロのフットボールでは、両CBは近い位置で、SBは最終ラインに残ってポゼッションします。このSBのポジショニングはチームのビルドアップにおいて多くの意味を持ちます。モダンフットボールにおいて、ポゼッション時は攻撃のことだけでなく、ボールを失った時のことを考えてプレーしなければいけません。近年フットボールの最先端であり続けるペップのチームなんかはボール保持時、ボール非保持時、攻→守の切り替え、守→攻の切り替え、すべての局面において整備されているチームで、いまではどんなスタイルであろうともあらゆる局面を想定してチームを作らなければいけません。ビルドアップ中にボールを失うと相手のカウンターを受けてしまいますが、SBが後ろに下がっている状態では相手のカウンター時に使えるスペースが少なくなり、攻守の切り替えにおいて守備に安定をもたらすことができます。

f:id:amtmunktpgdj:20190828052021p:plain

相手の使えるスペースを少なくし、CBが釣りだされることも少なくなる

 また、ポゼッションの安定にもつながります。ジャンパオロは最終ラインと中盤でボールを安定させますが、4バックがそのまま深い位置にいることで、より多くの選択肢、より多くの角度でプレッシャーを回避することができます。さらに選手間の距離も短くなるので、より安全なパスでポゼッションを安定させることができます。

f:id:amtmunktpgdj:20190828053513p:plain

 そして深い位置を取るSBによって、攻撃時により高いサイドのエリアでスペースを生み出すことができます。ビルドアップ時、相手チームがプレッシャーをかけてくる場合、少ない人数でのプレスでは簡単に回避できます。より多くの人数でプレッシャーをかけてきた場合(そもそも純粋でフラットな4バックという特殊なポジショニングを取るチームに対するプレスの構造は、守備体系を維持する場合なかなか難しい)SBに対するプレスはサイドに広いスペースを生み出すことになります。

f:id:amtmunktpgdj:20190828055701p:plain

サイドのスペースとMEZの横の動きでボールを前進させる

 最終ラインからのビルドアップにおいてSBは深い位置にとどまりますが、攻撃時はボールに近いほうのSBはタッチライン際で高い位置を取ることを試みます。一方遠いサイドのSBは最終ラインに残り、3バックを残すことでアンカーポジションの選手を中盤の役割に専念させることができます。これはモンテッラ監督時代のミランにも見られた動き(デ・シリオを残してアバーテをあげることで、ロカテッリをより中盤の役割に専念させていた)です。ニアサイドのSBはオーバーロードを作り出すのに使われ、ファーサイドのSBはアイソレーションによってポゼッションの逃げ道を作り出し、さらにはボールを前進させる役割を持ちます。

 

f:id:amtmunktpgdj:20190828073249p:plain

アサイドのSBはオーバーロードに参加

f:id:amtmunktpgdj:20190828073331p:plain

ファーサイドのSBはアイソレーションでボールを前進させる

ジャンパオロのフットボールにおいて、このようなコンパクトさはボール非保持時にも重要になっています。中央エリアでのオーバーロードは相手の守備ブロックにもコンパクトさを強要することができるので、トランジション時中央エリアはすでに密集状態になっています。相手チームはボールを奪うことができてもすでに中央エリアにスペースは少ないため、サイドのスペースへ逃げなければいけなくなります。5レーン理論が浸透しつつあるいま、あえて言うことはないかもしれませんが、サイドレーンの攻撃はセンター、ハーフスペースに比べ一般的にゴールから遠く、孤立していて、プレーできる角度も狭まれてしまうエリアです。基本的なゾーナル守備のボール奪取ゾーンの設定はサイドになりますが、ジャンパオロの4-3-1-2では構造上これを相手側に強いることを目指しています。
 

f:id:amtmunktpgdj:20190828223719p:plain

守備時のコンパクトさ

相手のビルドアップ時、 前線2人はサイド誘導のプレッシングで、トップ下はアンカーの選手をマンマーキングすることでサイドへ追い込んでいきます。中盤3枚は中央のスペースを埋めて中央エリアへのパスコースを閉じます。サイドに誘導したところでボール奪取を目指します。

f:id:amtmunktpgdj:20190828230551p:plain

中央エリア封鎖とサイド追い込みプレッシング

f:id:amtmunktpgdj:20190828230621p:plain

サイド誘導後のボール奪取ゾーン

 

サイドからの攻撃に対してはSBとMEZのふたりでペアを組んで対応します。トップ下の選手はマンマーキングで中央を経由したサイド変更をさせないようにします。
 

f:id:amtmunktpgdj:20190828232321p:plain

 

以上がジャンパオロの基本的なプレーモデルと、その実現のための4-3-1-2の運用です。もちろんこれらは基本的プレーモデルであって、試合毎における個別的戦略によってアプローチの仕方は変わってきます。こうした明確なプレーモデルを持った監督の招聘はアッレグリ以降はじめてではないでしょうか。すでに4-3-1-2からのシステム変更という話が出ていますが、システム論ではなく、ジャンパオロのプレーモデルが各システムでどのように運用されるのか、というところに注目する必要があります。ジャンパオロが「時間がかかる」と言っているのはそのプレーモデルを選手たちに理解させなければならず、そのうえで選手の特徴に合わせたチーム設計が必要になるからで、4-3-1-2から4-3-3や4-3-2-1に変更したところで、選手たちがプレーモデルを理解していなければ、またはこのプレーモデルで各選手の強みが最大限発揮されるチーム編成でなければ、本質的な解決にはならないというところを頭にいれておきながら観ていく必要があります。もしジャンパオロが自らのプレーモデルを放棄するのであれば話はいろいろと複雑に変わっていきますが・・・。

ジャンパオロがいままで率いてきたクラブと違い、1試合の結果でこの世の終わりかというほど騒がれるクラブであるミラン(実際開幕節ウディネーゼ戦の敗戦によってすでに各方面からプレッシャーがかかっている)においては、このプレーモデルの実現が遅くなるほどチームの総合的なマネジメントも難しくなっていくので心配ではありますが、近年ミランの試合からは感じられなかったフットボールの楽しさを、ジャンパオロのミランでは感じられたらうれしいです。

 

ミラン、新監督はジャンパオロで決まりか

f:id:amtmunktpgdj:20190602061025j:image

ミランの新監督候補は2名に絞られたという報道が出ています。1人目は現サンプドリア指揮官のジャンパオロ。2人目は現ラツィオ指揮官のシモーネ・インザーギ。監督の年俸にも制限があるため、国内で評価の高いこの2人が候補として有力になってきました(一応デ・ゼルビの噂もありましたが絶対にNOで)。

ただどうやら、シモーネはラツィオに残留するようで、現在挙がってる名前ではジャンパオロが最有力となってきました。マルディーニミランに残ることになれば、ジャンパオロが第一候補となるようです。

ジャンパオロは非常に面白い人選ではありますが、さてさてどうなることか。ユベントスの新監督はサッリが有力と言われていて、ロナウド問題を解決できるのかは置いておいて優勝候補筆頭に変わりありませんが、インテルはコンテ就任を正式に発表。国内で実績のあるスパレッティを招聘して2年連続でCL出場を果たし、さらに上を目指すべくコンテを招聘。結果が出てきていることもあり経営的にもとりあえずはFFP問題から解放され、来年から本格的にユベントスの対抗馬として優勝争いを繰り広げるかもしれませんし、ユベントスの監督人事によってはもしかしたら来季優勝を狙えるかもしれません。

 

これ、ミランがやりたかったことでは?

 

ミランはCL出場に賭けた博打的な経営から方針転換して、ガジディスのもと、おそらくお金をかけず若手を育てていくスタイルへと変わります。CLに絶対に出場しなければいけないというとんでもないプレッシャーがあったこの2年間は神経をすり減らしながら観戦していましたが、来季からはどのようなモチベーションで応援することになるのか。もちろん、CL出場を目標としてほしいところですが…。