心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

バイエルン戦の選手評

f:id:amtmunktpgdj:20170723143633j:image

・スタメン

f:id:amtmunktpgdj:20170723134436j:image

ニアンのプレーは素晴らしかった。頭の良いプレイヤーではないため、雑なところも多々あったがあらゆる面で良いプレーを見せてくれた。ずっとこれをキープできれば最高なのだが、ニアンにそれは期待できないのが非常に残念。

f:id:amtmunktpgdj:20170723134735j:image

R・ロドリゲスの左足はすでにミランの武器になっている。安定したビルドアップと果敢なオーバーラップ、セットプレーの左足キッカーとしてもかなり優秀。ディフェンス面で雑さはあったものの、それほど気にならない。右足でサイドチェンジできるのも最高。

f:id:amtmunktpgdj:20170723135015j:image

クトローネは戦力として計算できることを証明してくれた。動き出しは素晴らしいものがあり、決定力も悪くない。フィジカルが向上して、もっと味方を活かすプレーができるようになったらそれこそ大化けする予感。なにより大型補強でチームが生まれ変わり、ストライカーもカリニッチとベロッティの両獲りまで噂される中、腐らずにこれほど高いモチベーションで結果を出しているのは、かなり評価できる。EL予選はクトローネをスタメンで使ってほしい。

f:id:amtmunktpgdj:20170723135422j:image

ケシエはもはやチームの中心だ。圧倒的なフィジカルと運動量は確実にチームを救っている。エリア内まで入っていき、ゴールという結果を出せたのも大きい。昨シーズン、クツカとパシャリッチのふたりが担っていた役割を1人で、しかもハイレベルにこなしている印象。最高の補強になりそう。

f:id:amtmunktpgdj:20170723135749j:image

その他、ムサッキオのディフェンスは圧倒的。ビルドアップも問題なくこなしているし、かなり評価は高い。サパタもプレシーズンは好調を維持している。アバーテのコンディションが悪そうなのは気になる。モントリーヴォは良いプレーもあったが、さすがにもう厳しい。ボリーニの運動量と守備意識は、主力温存逃げ切りのオプションとして確実に計算できる。ボナベントゥーラは少しずつコンディションを上げてきて、らしいプレーがいくつもあった。新生ミランでもスタメンとして活躍できるレベルにあることを証明してくれた。ドンナルンマの安心感はやはり心強い。残ってくれてよかった。

・途中出場

f:id:amtmunktpgdj:20170723140339j:image

チャルハノールは素晴らしい補強になりそう。左ウイングとして、ディフェンス面でも貢献していたし、なにより本人のモチベーションが高そう。ボナベントゥーラやR・ロドリゲスと組んで左サイドを崩すシーンが目に浮かぶ。バイエルンのディフェンスのミスでもあったが、素晴らしいシュートを決めて結果を残したのも素晴らしい。

f:id:amtmunktpgdj:20170723140809j:image

ビリアも最高だった。安定したビルドアップに前プレを簡単に回避、ボールを全く失わずに攻撃にリズムをつける。ディフェンス面もアンカーとして十分な能力を持っていて、ここ数年のミランには居なかった存在。プレッシャーをかけられた最終ラインを安心してみていられるミランとかあり得るんだって感じ。コンディションが上がればさらに期待できそう。大好き。

f:id:amtmunktpgdj:20170723141209j:image

A・シウバは身体がかなり重そうだった。さすがにこれではEL予選に使いたくない。合流してまだ少ししか経っていないから、セカンドレグまでにコンディションを上げてほしい。それとミランの4-3-3のワントップに合わなそうなのが不安。まだわかんないけど。

f:id:amtmunktpgdj:20170723142238j:image

ボヌッチはそこまで見せ場がなかったものの、積極的にチームに指示を送っている姿が見られた。なにより、ボヌッチがピッチに入ってきたときの高揚感は凄かった。ほんとにミランの選手になったんだなと思った。

f:id:amtmunktpgdj:20170723142445j:image

その他、ゴメスは前に強いのは相変わらず。だけど裏に弱いのも相変わらず。3バックでビルドアップをボヌッチなどに完全に任せられれば戦力として確実に計算できる。このブログではコンティに厳しいのがおなじみ(コンティのことが大好きなあまり)だが、やはりディフェンスの仕方が軽いし雑。勢い任せのディフェンスはより高いレベルでは通用しない。もっと技術的に成長する必要がある。アントネッリの攻撃力は魅力的だがディフェンス面がかなり不安。パレッタ、ソサは無難なプレー。マウリはちょっと厳しそう。

 

f:id:amtmunktpgdj:20170723143048j:image

親善試合だけど、バイエルンに圧勝できたのは大きいですね。EL予選前にかなり良い雰囲気を作れました。個々の連携という意味ではまだまだですが、チームとして確実にレベルアップしてるのが嬉しいですね。クトローネはほんとに最高。GKにドンナルンマ、DFにカラブリア、MFにロカテッリ、FWにクトローネと、なんてバランスが良いんだろうか!周りの人をミラニスタにするために使える要素ですね。平静を装っていますが、興奮しすぎて8時間くらいニヤニヤが止まりませんでした。ほんとうに楽しみです。

ICC ミラン - バイエルン

EL予選前最後の親善試合。怪我に気をつけてね。

f:id:amtmunktpgdj:20170723023859j:image

前半14分、ケシエのゴールで先制

f:id:amtmunktpgdj:20170723030604j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170723030650j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170723030733j:image

前半25分、クトローネ

f:id:amtmunktpgdj:20170723030815j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170723030900j:image

前半43分、再びクトローネ

f:id:amtmunktpgdj:20170723030930j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170723030949j:image

後半40分、チャルハノール

f:id:amtmunktpgdj:20170723031006j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170723031029j:image 

試合終了。素晴らしい試合でした。またちゃんと振り返りたいな。

f:id:amtmunktpgdj:20170723031104j:image

ベロッティ獲得はやはり難しい…

f:id:amtmunktpgdj:20170722015303j:image

昨日カイロ会長とベロッティによる会談が行われました。会談前のインタビューで「ベロッティは売る必要がない」とコメントしており、会談後も「大丈夫、大丈夫」とだけコメントを残しました。意味深なコメントの裏にはどんな思惑があるのかわかりませんが、依然としてベロッティ獲得が厳しいことには変わりありません。ミランからのオファーは届いていないとも言っており、これからどうなるかまったくわかりません。ベロッティ獲得が困難な場合、ミランはカリニッチ獲得を目指します。

f:id:amtmunktpgdj:20170722015931j:image

カリニッチに関しては様々な報道がありますが、ミランは2200万€程度で獲得を狙います。ですが、フィオレンティーナの要求は3000万€という1ヶ月ほどまったく変わらない状況。しかし、こちらは本人の意思がはっきりしており、ミランが移籍金を少し上げさえすれば獲得できるのではないでしょうか。また、もしカリニッチを獲得したとしてもベロッティとの両獲りの可能性は残されるそうです。

f:id:amtmunktpgdj:20170722020442j:image

ベロッティとカリニッチの2トップがミランで見られるのであれば発狂しそうなのですが、現実的に厳しいと思います。もちろんベロッティを最優先で獲得してほしいのですが、カイロ会長の要求はあまりにも高すぎます。プレミアリーグを筆頭に近年移籍金の高騰がすごいことになっていますが、それでもイタリア国内での取り引きでは、まだ適正価格に近い金額で交渉が行われていることが多いです。今夏のボヌッチや移籍寸前のベルナルデスキなどは適正価格に近く、まだ理解できる範疇での取り引きです。トリノに売却する必要がないこと、移籍させるなら国外にさせたいことは理解できますが、さすがにもう少し歩み寄ってもらいたいと勝手に思います。ベロッティが獲得できなくても、カリニッチも十分ミランで活躍できるストライカーです。現時点ではカリニッチの可能性が高いのではないでしょうか。ベロッティと比べるとスター性に欠けるので、ミラニスタから好かれないかもしれませんが、ぼくは絶対にユニフォーム買います。ベロッティ来ても買います。2人きたらベロッティとカリニッチとボヌッチあたりの3枚買いします。たぶん。

f:id:amtmunktpgdj:20170722021710j:image

ちなみにジエゴ・コスタを半年間のレンタルで獲得するという報道もありますが、大反対です。そもそもアトレティコに行きたい選手に半年間だけプレーする機会を与えてあげるほどお人好しではありません。ミランには明確なプロジェクトがあります。選手としての能力に疑いはありませんが、人間として問題があります。このような選手をエースストライカーとして半年間だけチームに入れることは、メリットよりもデメリットのほうがはるかに多いです。やめましょう。

 

f:id:amtmunktpgdj:20170722022300j:image

ボヌッチは背番号19を希望していましたが、その番号はすでにケシエが選択しており、いきなり背番号問題が発生しましたが、ケシエが譲ったことによってボヌッチが19番を背負います。ボヌッチにはケシエをディナーに連れて行ってあげてほしいですね。 

f:id:amtmunktpgdj:20170722022545j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170722022616j:image

ミランはロカテッリとスソを売却するつもりは一切ないという報道がありました。スソに関してはもうすぐにでも契約更新が行われるそうです。とりあえず安心しました。新シーズンのフォーメーションの関係から、スソの去就も気になっていたところなので純粋に嬉しいです。ロカテッリもとりあえずは安心しました。もう生え抜きを売らないでくれ。

f:id:amtmunktpgdj:20170722023243j:image

デ・シリオ、別れの言葉

f:id:amtmunktpgdj:20170722010711j:image

「今の気持ちを表現するのは難しい…。僕は16年間通いつづけた、もはや我が家のようなクラブから去ります。今日は僕の心にずっと残り続ける感情を持つ、重要な日となりました。ミランのシャツを着る機会を与えてくれた人たちに感謝したいです。ベルルスコーニ、ガッリアーニ、チームメイト、あらゆるスタッフに感謝しています。僕は本当にミランを我が家のように感じていました。そして僕を支えてくれたファンの方たちにも感謝しています。僕は常に最大の努力をして、ふさわしい振る舞いをしてきたつもりです。そして、新しい冒険に挑戦する時がやってきました。僕はユベントスに移籍できて満足しています。新しい仲間、新しいクラブ、新しいファンの方たちから信頼を勝ち取るために全力を尽くします。新たなスタートが待ちきれないよ!」

 

最後までミランへの愛情を示してくれました。僕はずっと応援しています。

Forza De Sciglio!!!

f:id:amtmunktpgdj:20170722011109j:image

ファッソーネとミラベッリのインタビュー

・ファッソーネ

f:id:amtmunktpgdj:20170721214603j:image

「(ミランが買収されてから)100日間でやってきたことは、簡単にできることではありません。私は1日20時間働いて少し疲れていますが、時間は流れていきます。」

「移籍市場? まだ終わっていませんが、ここからは急がずにいきます。すでに優れた選手たちが揃っており、我々はとても良いチームです。我々はすべての交渉が正しい価格で行われたと信じています。我々は新しいメディア戦略を進める上で、まずSNSによってファンに直接情報を伝えてきました。シーズンチケットは最初の4日間で5000枚も売れており、私は幸せと情熱を感じています。」

モンテッラ?彼はいつ誰にでも平静を保っていられる素晴らしい人格者です。我々は革命的な移籍市場を過ごしていますが、これからはもう少し慎重にいきます。ストライカー補強はカリニッチやベロッティ、オーバメヤンなどの名前が挙がっていますが、別の人物"ミスターX"がいるかもしれませんよ。」

「エリオットファンド?もちろんリスクは常に存在しますが、債務は簡単に借り換えられる可能性があります。また株主総会では長期的な増資を審議しており、我々は落ち着いています。」

「ビジネス目標?我々には非常に多くの潜在的なファンが存在しています。子会社であるミラン・チャイナはまもなくはじまる予定です。我々の5年計画では年間売上高2億€から年間4〜5億€になると見込んでいます。スタジアム収入やチャンピオンズリーグ出場、テレビ放映権料、中国での商業収入が重要になってきます。」

「2022年にはミランを世界トップ5のクラブにしたいと思っています。次のニュースは、トップレベルのスポンサーシップ発表でしょうね。我々のプロジェクトのおかげで、多くの企業が関心を持ってくれています。18/19年には中国の株式市場に上場する可能性が高いと思います。」

追記:年間売上高が200万€とかになっていましたが、2億€の間違いだったので訂正しました。200万€とか少なすぎて破産するわ…。

 

 

・ミラベッリ

f:id:amtmunktpgdj:20170721223005j:image

ミランで100日間働きましたが、いまだになにが起こったのかわかっていません。」

「私は革命的なスカウトシステムを使って、世界中の選手たちを見てきました。私が"マーケットキング"?私はひとりで仕事をしているわけではないので、その呼び方は好きではありません。それに我々はまだ仕事を完了させていません。我々の仕事は9月1日を過ぎても終わりません。モンテッラは素晴らしい監督ですが、魔法使いではありません。我々は彼をサポートしなければいけません。チームは若く、ボヌッチやビリアのようなリーダーのおかげで時間と共に成長していくでしょう。」

「ストライカーを探しているのは事実ですが、急いではいません。正しい選手を獲得します。ベロッティ?我々は偉大な選手を獲得したいと考えており、彼はその1人ですが、すべてが私たちの思い通りになんでも上手くいくわけではありません。カリニッチ?多くのメディアでカリニッチは2番目の選択とされていますが、我々は順番をつけていません。我々にとってはすべてファーストチョイスであって、そこに技術的または財政的な話を絡めて考えなくてはいけません。ベロッティもカリニッチも偉大な選手ですが、年齢だけが違いますね。レナト・サンチェス?私はベンフィカの頃からよく知っています。彼は偉大な選手で、我々はバイエルンと素晴らしい関係を築いています。私たちはいま、なにをしなければいけないかという評価段階ですが、獲得に動く可能性は排除しません。」

「我々は絶対にドンナルンマを失うわけにはいきませんでした。我々は彼や彼の家族とも話し合いをしました。彼らはミランから離れることを望んでおらず、契約延長にも疑問を持っていません。この交渉において、世界で最も重要であり最高の代理人の1人とも会談を行いました。契約解除条項は関係ありません。ドンナルンマがミランゴールキーパーだということが、なによりも大切です。彼はミランにとって重要な価値を持つ選手ですからね。今後もずっとミランでプレーしてもらうのが目標です。今回の交渉は映画を作らなければいけないほど大変なものでした。メディアが必要以上に大騒ぎしたため、私は飛行機に乗ると嘘をついて車で長い時間をかけて移動しなければいけませんでした。ドンナルンマには様々なオファーが届きましたが、彼はそれらをすべて拒絶してミランに残ることを選びました。これはドンナルンマがミランを愛しているからこその選択ですし、ファンにはそのことを認識してもらいたいです。」

ようこそ、ボヌッチ!

f:id:amtmunktpgdj:20170721020218j:image

デ・シリオの売却待ちだったボヌッチ獲得がようやく公式発表されました。移籍金は4000万€+200万€のボーナスを3年分割払いです。素晴らしい交渉でしたね。ボヌッチはチームを別のレベルにしてくれる選手です。ほんとうにまさかまさかの補強ですね。すでにチームに合流しており、バイエルン戦の出場が期待されます。ユニフォームも似合っているし、ぜひミランでタイトルを獲得してもらいたいですね!

f:id:amtmunktpgdj:20170721020540j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170721020557j:image f:id:amtmunktpgdj:20170721020616j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170721020618j:image

ボヌッチ獲得は大きな反響があり、身近なところだとチェルシーサポの友人が「来シーズンは絶対にミランの試合みる」と言ってくれたり、このブログのアクセス数も、ボヌッチを獲得した日は普段の倍くらいありました。そしてコメント欄でもミラニスタの熱狂っぷりが感じられて、正直感動してしまいました。もともと個人的な記録用として、ひとりで細々とやっていたブログですが、その頃では考えられないほどアクセスしていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。問題は山積みですが、今シーズンからミランにとって素晴らしい時代を築いていってほしいですね。

Forza Milan!!

f:id:amtmunktpgdj:20170721022405j:image

さようなら、デ・シリオ

f:id:amtmunktpgdj:20170720005309j:image

デ・シリオユベントスへの移籍が公式発表されました。移籍金は1200万€+50万€のボーナスを3年分割という形です。本当に大好きな選手でした。ここ数年のチームの不甲斐なさ、デ・シリオ自身のパフォーマンス、サポーターとの対立など、移籍するのは仕方ない段階まできていました。僕にとってデ・シリオはアイドルだったし、いつでもあったかく見守ってきたつもりです。

f:id:amtmunktpgdj:20170720010457j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720010540j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720010656p:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011057j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011025j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011231j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011355j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011522j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011637j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011656j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720202712j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720202652j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011718j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011740j:image

アッレグリユベントスでほんとうに頑張ってほしいし、もう一度代表のスタメンでミランの選手たちとプレーする姿がみたいな

f:id:amtmunktpgdj:20170720011858j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720011927j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720012045j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170720204440j:image

今までありがとう。さようなら、デ・シリオ

f:id:amtmunktpgdj:20170720012146j:image