心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

コンティのインタビュー

・コンティ

f:id:amtmunktpgdj:20170809171649j:image

「僕はミラン移籍だけを望んでいたし、他の選択肢は考えられなかったよ。ミランは素晴らしいクラブだし、これは僕にとって最高のチャンスだったね。」

「この移籍は僕にとって重要な決定だった。近年のミランは僕が見てきた本来のミランではなかったけど、僕にとってはミランを本来の姿へと戻すプロジェクトのほうが興味があったし、素晴らしい挑戦だね。ミランでプレーするのはすべての子供の夢だよ。」

「昨シーズンは3バックでプレーしたし、5人のミッドフィルダーに助けられたね。今は4バックだからどうなるかわからないけど、僕は攻撃的な選手だし積極的に前に出ていくよ。たまに上がりすぎるかもしれないけど、これが僕のプレースタイルだからね。ウイングでプレーすることもできるけど、1対1の場面でスソほどのプレーはできない。それとR・ロドリゲスのような正確なキックもできない。まだまだ成長しなきゃだね。」

「僕にとって目標はダニ・アウベスとセルヒオ・ラモス。常に影響を受けてきたね。それとデ・シリオやダルミアンにも影響を受けてきたよ。」

「僕はディフェンス面で改善しなければいけないことがある。例えば1対1とかね。それとカードを貰わないよう、抗議するときに気をつけないといけないね。」

「来年はワールドカップもあるし、ミランで全力でプレーしてメンバーに選ばれたいね!」

 

f:id:amtmunktpgdj:20170809203645j:image

コンティはモンテッラミランにおいて重要な選手になることは間違いないですね。3-5-2を検討していますが、ホームでのクラヨーヴァ戦では4-3-3でもかなり良いプレーをしていました。自分自身の課題はハッキリしていますし、目標と語っていたダニ・アウベスや、現在最高のサイドバックであるマルセロやカルバハルも、コンティと同じ年齢の頃はディフェンス面で課題があった選手です。世界的なサイドバックに一歩でも近づけるように、ミランで成長して欲しいですね!