心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

ベロッティ獲得へと近づく

f:id:amtmunktpgdj:20170719072338j:image

オーバメヤンドルトムント残留が濃厚となり、モラタは移籍金が9000万€とされるいま、ミランはエースストライカー候補としてベロッティを最優先で狙います。ミランの最初のオファーは4000〜4500万€+ニアンとパレッタでしたが、トリノ側は8000万€+選手を要求。ただベロッティはすでにミランと個人合意している可能性が高く、6000万€+選手で交渉が成立するだろうとの報道がありました。これは良いニュースですね。ミランとしては6000万€からの値下げを試みるでしょうが、ベロッティ本人が移籍を希望したと考えると交渉成立は以前よりもはるかに近くなったのではないでしょうか。ベロッティまでもミランに来るとなれば、これはもう革命ですね。

f:id:amtmunktpgdj:20170719073654j:image

候補リストでベロッティの次に名前があるのは、カリニッチです。ミランはオファー額を上げることで簡単に獲得できるので、もしものことがあればカリニッチ獲得へと動きます。ミラン移籍が叶わなかったらカリニッチはどうするのでしょうか。

f:id:amtmunktpgdj:20170719073907j:image

ミランはさらにフルミネンセ所属の20歳のストライカー、リチャーリソン獲得に興味を持っているらしいです。これに関しては将来のためと報道がありますが、23歳のベロッティ(獲得したら)、21歳のアンドレ・シウバ、19歳のクトローネがいて、まだ将来を見据えているのでしょうか。それとも2トップへの布石?ちょっとわかりません。

f:id:amtmunktpgdj:20170719074502j:image

"その時"が近づいてきました。すでにイタリアへと帰国して、これからメディカルチェックを受ける予定です。ハンカチの準備をしておかなければなりません。反デ・シリオ派の人たちは、どうか黙っててください。