心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

奇跡のCL出場権獲得へ 〜ボローニャ戦〜

・失速、大失速

ミラノダービー以降、最悪な状態が続いているミラン。正直ラツィオに勝利した時点で、今季の流れからいって内容無くとも何故か勝つチームが戻ってくると思い、70%くらいは4位以内決まっただろうと思っていました。が、やはり、そんなにうまくはいかず。

パルマにはドロー、コッパではホームでラツィオ相手に敗退(個人的にはこの試合、今季ベスト3に入るほど最悪最低な采配が見られた試合でした)、トリノにはほとんど勝てる気すらせず敗戦。いつの間にか、4位の座を明け渡して、自力では決まらない状況に。

ただ悲しいのは、今ミランに見られる数々の現象は、今季序盤から、もっと言えば昨季終盤から予期されたものであり、いま4位争いが出来ているのがすでに奇跡的だということ。選手の質から言えば、4位争いは当たり前。しかし、今のチームで4位争いは奇跡的…。やはりそういうことなんでしょうか。

これでCL出場権を獲得できなかったときの、今季の虚無感は耐えられそうにありません。

ボローニャ

そしてボローニャ戦。インザーギからミハイロヴィッチに監督が代わって、降格圏から簡単に抜け出し、絶好調のチーム。ミランはバカヨコ問題(結果的に試合中にも問題が起きたわけですが)等でチーム内外がとっても騒がしい。正直、勝てるとは思えなかった。

試合内容的にはいつものようにボロボロ、ただそれでも絶対に欲しかった勝利を手にできたのはなによりもまず、一安心。4位以内で終わるためには残り試合全勝しなければならない状況は変わらずとも、それでもファンとしてはもちろんあきらめきれない。毎試合、ただただ祈るのみ。

個人的にはここ数試合、試合前日から緊張しすぎて試合日を間違えたり、試合中は酒で誤魔化したりと普通の状態では見られない日が続いています…。

・次節はフィオレンティーナ

次節はモンテッラが監督として復帰したフィオレンティーナとのアウェイゲーム。モンテッラ復帰後、まだ勝利がなく苦しい状態が続いているフィオレンティーナですが、それがなにやらフラグとしか思えないのがいまのミランを応援している人間の心理です。

今季こそ悲願のチャンピオンズリーグ復帰(本当は優勝を悲願としたいところですが)を果たせると信じて、あきらめずに見守ります。本当に、本当に、頼むぞ、ミラン

f:id:amtmunktpgdj:20190510183832j:image

そのうち後任人事についても書こうと思います。