心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

セリエA第3節 ミラン - ローマ

かなり遅くなりましたが、暇になったのでミランとローマの一戦を。ミランは実質開幕戦のナポリ相手に敗戦、ローマもイマイチ調子が上がらず。

f:id:amtmunktpgdj:20180910011949j:image

そういえば前節、ビリアがやたらと批判にさらされていましたが、チームの構造的に問題があったので僕はビリア個人についてさほど心配はしていません。前節のチームじゃジョルジーニョですら批判されまくりそう…。

ミランのビルドアップ

この試合でまず驚いたのはローマの完成度の低さ。システムが3-4-1-2になっていたけど、まるで機能せず。そしてミランとしては、チャルハノールの復帰がチームのレベルを何段階も引き上げてくれていました。

f:id:amtmunktpgdj:20180910013642j:image

基本通り、ミランの後方からのビルドアップに対して前からボールを奪いにくるローマ。今日のビリア担当はセリエに復帰してきたパストーレ。R・ロドリゲスはWBカルスドルプがケア。

f:id:amtmunktpgdj:20180910013646j:image

チャルハノールが下がってボールを受けに来ると、そこに付いてくる選手はいないのでフリーで前を向ける。

f:id:amtmunktpgdj:20180910013912j:image

必殺スルーパスイグアイン抜け出し…かと思ったらオフサイド。ローマは攻撃で違いを作ろうとするカルスドルプとそこをカバーしなければいけないファシオの対応の悪さが、かなり目立っていました。さらにそのカルスドルプを押し込むために、R・ロドリゲスが積極的に前に出ていったため、ローマが防戦一方になりました。

f:id:amtmunktpgdj:20180910015042j:image

f:id:amtmunktpgdj:20180910015047p:image

さらに印象的だったのは、ミラン後方からのビルドアップで中盤をローマと数的同数にします。そしてスソがコラロフを引きつけて深さを取っていたので、カラブリアがフリーに。ビルドアップの安定所を見つけました。すると、ミランはそれを応用します。

f:id:amtmunktpgdj:20180910021305j:image

ビルドアップの段階でスソが下がり、カラブリアは高い位置を取ります。さすがにスソが下がったのに対して、コラロフはある程度付いてきます。

f:id:amtmunktpgdj:20180910021332j:image

スソからイグアインのポスト。

f:id:amtmunktpgdj:20180910021801j:image

ケシエが内にポジションを取ることで、先程より高い位置でカラブリアがフリーに。ローマをさらに押し込む展開とします。この辺の流れ、とても面白かったです。

・先制点

f:id:amtmunktpgdj:20180910024200j:image

スソがエリアの外でボールを持ったシーン。すでにローマの陣形はボロボロ。中央にはチャルハノールとボナベントゥーラ。

f:id:amtmunktpgdj:20180910024432j:image

ボナベントゥーラへと渡ると、カルスドルプが前に出て対応。R・ロドリゲスをファシオがケアしなければならないが、ポジショニングがとても残念。

f:id:amtmunktpgdj:20180910024619j:image

サイド深い位置でターンしてからクロスを入れると、ケシエがフリーに。ミランが先制した。

・ローマの4-2-3-1、ビリアの横

後半からマルカーノに代えてエル・シャーラウィを投入して、4-2-3-1にシステム変更をしたローマ。これで劇的にチームは変わりました。選手間の距離も良くなりビルドアップがスムーズに。そして二列目のアタッカーがビリアの横を狙ってきます。

f:id:amtmunktpgdj:20180910061619j:image

f:id:amtmunktpgdj:20180910061641j:image

二列目のエルシャーラウィとシックは意図的にビリアの周辺にポジショニングを取り、そのスペースをチームで使います。

f:id:amtmunktpgdj:20180910061746j:image

f:id:amtmunktpgdj:20180910061759j:image

パストーレに代えてクリスタンテが投入されてからは、クリスタンテがそのスペースをうまく使おうとしました。それにしても、4-2-3-1に変えただけでこれほど機能するとは…。

ミラン、終盤の4-4-2

同点にされた後、イグアインのゴールが取り消しになったりしたが終盤はクトローネを投入して4-4-2にシステムを変えたミラン。そして最後の最後に素晴らしい仕事をしてくれました。

f:id:amtmunktpgdj:20180910062756j:image

イグアインのシュートを警戒して、絶対にうたせないという気持ちが出過ぎてクトローネに全く気づいていないローマのディフェンス陣。

f:id:amtmunktpgdj:20180910062759j:image

見事に裏を取って決勝点を決めてくれました。ミランには素晴らしいストライカーがいるんですよね。

f:id:amtmunktpgdj:20180910063136j:image

 

ナポリ戦から見事に立ち直って勝ち点3を獲得できました。正直前半からローマが4-2-3-1だったら怖かったなと思うんですが、しっかりと内容のある試合で勝ってくれたのは嬉しいですね。前半の3-4-1-2での機能しなさ、昨季のミランとかぶります…。ミランはビリア横のスペースの守り方は昨季からの課題ですが、どう解決していくのでしょうか。ケシエ、運動量は素晴らしいですが、危機察知能力がまだまだかなと思います。それが出来れば凄まじい選手になるのですが。

f:id:amtmunktpgdj:20180910063520j:image

第3節を終了した時点での順位表。ビッグクラブがわりと酷い内容の試合をしてるのが気になりますが、内容が悪くとも全勝してるユベントスの強さ…。ここまででいちばん面白いチームは圧倒的にサッスオーロで、次節はそのサッスオーロユベントス。楽しみです。インザーギボローニャは厳しいスタートになりました。今季のミラン、やってくれるのではと期待しています。

それにしても、代表ウィークは暇ですなあ。そういえば、皆さんはワールドカップ観てましたかー。