心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

イブラヒモビッチとケイタの噂

f:id:amtmunktpgdj:20170801140906j:image

イブラヒモビッチミラン復帰の噂が流れはじめました。イブラ自身がミランに逆オファーというような報道もありましたね。多くのミラニスタにとってイブラ復帰は夢だと思いますし、僕も大好きな選手です。今夏のボヌッチ獲得で抜かれた感はありますが、僕がミランを応援しはじめてからいちばん興奮した補強はイブラヒモビッチでした。ですが、今のミランイブラヒモビッチのみを獲得するのは反対です。今年で36歳になるイブラヒモビッチは昨シーズン終盤に大怪我を負っており、年内の復帰はほぼ無理という状態です。いくら人間離れした身体と言えども、この年齢で大怪我をした後のパフォーマンスを100%信用しろというほうが難しいです。さらに高年俸、おまけにライオラがくっ付いてきます。イブラのことでライオラとまた揉める、という心配はしていませんが、単純にもうあまり関わりたくない相手であることは事実です。そして、これはジエゴ・コスタにも言えることですが、今のミランが望んでいるのは単年での活躍ではなく、3年、または5年間のプロジェクトの中心になれる選手です。これらの理由からイブラヒモビッチのみを獲得するのは反対です。イブラヒモビッチのメンタリティは若いチームを勝者のチームへと変えてくれそうではありますが…。

f:id:amtmunktpgdj:20170801142603j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170801173038j:image

だいぶ前にミランはビリアとケイタをセットで5000万€でラツィオと合意しましたが、ケイタはユベントス移籍を望んでいる為、この話は無くなりました。その後、ユベントスドウグラス・コスタ、ベルナルデスキを獲得して、今夏でのケイタ獲得の可能性はほぼ無くなっています。これは完全にユベントスにやられたという印象ですね。少し前はインテルが、今はナポリが獲得を狙っていると報道されていますが、ここに再びミランが参戦するとの報道があります。ミランはロティート会長に「3000万€を提示する用意がある」と語ったとされています。このブログでは1ヶ月ほど前に散々語っているのであれですが、ケイタは獲得できるのであれば絶対に獲得したい選手です。ニアンが好調をキープしていますが、そのニアンの上位互換といったイメージでしょうか。ニアンに安定感があれば良いのですが昨シーズンも、調子が落ちた時期でも信頼して起用してくれたモンテッラをやる気のないプレーで裏切ったりしていたので計算できません。ケイタはチームにまた多くのオプションをもたらすことができる選手です。本人がハッキリとミランには移籍しないと言えば、もう獲得する必要はないと言えますが…。1〜2ヶ月前にも言っていて、これは今でも言えますが、ストライカーを2人獲得するより、ベロッティとケイタを獲得できればいちばん最高なんですよね。ストライカー2人獲得というのは2トップへの布石だと思いますが、ケイタは2トップでも活躍できるというか、2トップのほうがより活躍できるかもしれないみたいなところがあります。これはニアンも同じですね。ウイングとしてももちろん活躍できる選手ですし、戦術の幅が大きく広がります。ケイタを獲得できたらさらに面白いチームになりそうなのですが…。

 

f:id:amtmunktpgdj:20170801145418j:image

前回の記事で誰のユニフォームを購入するか、コメントをたくさんいただきましたが、確かにサードユニかっこいいですよね〜。新加入選手ではボヌッチとビリアはさすがに人気ですね。クトローネやロカテッリなどの生え抜きの若手選手を検討している方もいらっしゃって、なぜか勝手にテンション上がってました。買いたい選手が多すぎて困りますね。

f:id:amtmunktpgdj:20170801151829j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170801152454j:image

デ・シリオ兄貴から背番号を引き継いだカラブリア買いたいなあ。