心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

なぜオーバメヤンなのか〜カリニッチを待つ男の憂鬱〜

f:id:amtmunktpgdj:20170709191836j:image

今夏のミランはストライカーの獲得に奔走している。 まず名前が挙がったのはモラタ、オーバメヤン、ベロッティの3人だった。しかし、モラタはプレミアリーグへ移籍希望、オーバメヤンは年俸が高すぎる、ベロッティは移籍金が高すぎる、というようにそれぞれ失敗に終わっていた。アンドレ・シウバの獲得がいきなり決まったのはいいが、彼を絶対的なエースとするのはチームにとってリスキーだ。そこで次に有力な獲得候補となったのはカリニッチだった。最初の3人と比べると知名度こそないが、実力は間違いなくセリエAでの実績もあり、比較的安価で獲得できる選手だ。アンドレ・シウバを成長させる為にもいい補強候補だった。しかし、カリニッチも現在獲得交渉がストップしている。フィオレンティーナが望む3000万€をミランは払う気がない。そんな中、再び具体的な獲得候補として名前が挙がったのはオーバメヤンだった。今夏これまで獲得してきた選手たち、または獲得候補になった選手たちからは、ファッソーネとミラベッリの意図を読み取ることができる。それはとても明確なものだ。しかし唯一、オーバメヤンだけはハッキリ見えてこない。なぜオーバメヤンなのだろうか。

f:id:amtmunktpgdj:20170709191551j:image

まずアンドレ・シウバ獲得前の状況から振り返る。もともとストライカー補強は今夏ミランにおいて、いちばんの目玉になる予定だった。高額の移籍金(6000万€程度と言われていた)を用意し、ある程度の知名度と今後のプロジェクトの中心になってくれる選手を求めていた。選手の特徴としては、決定力はもちろん、ある程度プレーの幅が広く、オールラウンダー的要素は求めていたのだろう。それらのプロジェクト的側面、スポーツ的側面を満たす選手として最初に挙げた3人の選手が獲得候補になっていた。若いイタリア代表でいちばんオールラウンダー的に活躍できるベロッティの移籍金が5000万€程度だったなら、ベロッティで即決だったはずだ。しかし、3人とも交渉がうまくいかない。ミランは早めに決断することになった。

f:id:amtmunktpgdj:20170709192124j:image

アンドレ・シウバを獲得するのであれば、コンフェデ杯前でなければならなかった。ヨーロッパの注目選手であったシウバは、コンフェデ杯で大活躍してしまえばミランの狙える選手ではなくなる可能性があったからだ。だからミランは早めに当初の3人を諦め、アンドレ・シウバ獲得へと舵を切った。ただこのブログでもはじめから言っていたように、アンドレ・シウバをいきなりエースストライカーとして期待するのはあり得ない。ファッソーネとミラベッリはもう1人実績十分のストライカーを獲得することを条件としてアンドレ・シウバを獲得した。これは、プロジェクト的側面とスポーツ的側面をアンドレ・シウバの将来に託して、とりあえずはスポーツ的側面を満たすもう1人の選手を狙いにいったということになる。ちなみにアンドレ・シウバの移籍金は3800万€で、たった1年活躍した(しかもリーグ後半はスタメンの座を奪われていた)選手にかける金額としてはかなり高額だ。もう1人のストライカーはもともとの予算から3800万€を引いた2200万€前後での獲得を狙っていた。カリニッチ交渉が難航しているのは、このストライカー予算をオーバーしたくないからだろう。

f:id:amtmunktpgdj:20170709192745j:image

そんな状況の中、再びオーバメヤン獲得の話が出始めた。移籍金は8000万€を求められ、年俸は1000万€前後を求められている。ミランは増資をして獲得を狙うそうだが、果たしてオーバメヤンにそれほどの価値があるのだろうか。オーバメヤンは現在28歳で、いちばんの特徴であるスピードはもう落ちていくだけだ。もちろんスピードだけの選手ではないが、その圧倒的なスピードと決定力以外の能力がカリニッチより優れているとは思えない。カリニッチとは年齢1歳差、移籍金と年俸は共に3倍ほどになるが、その"差"がほんとうにあるだろうか。そしてセリエA初挑戦である。まずスポーツ的側面で相対化して疑問を感じざるを得ない。知名度に関しては、確かにオーバメヤンは人気の選手だ。しかしそれはシウバ獲得の際に1度諦めた要素であり、あるに越したことはないが、いまどうしても欲しい要素ではないはずだ。プロジェクト的側面でも疑問を感じざるを得ない。ここまで考えてみて、"いま"オーバメヤンを獲得する強い理由がどこにも見つからないのだ。

f:id:amtmunktpgdj:20170709200107j:image

ここからは個人的な話だが、今さらオーバメヤン獲得の為に増資するのであればカリニッチに3000万€出してほしい。もう1ヶ月前からカリニッチのユニフォーム代を握りしめながら正座で待機してる状況だ。本人も高いモチベーションでミラン移籍を強く望んでいる。アンドレ・シウバを獲得したのであれば、その獲得したときのプラン通りでいってほしい。ここまでのファッソーネとミラベッリに対して不満はまったくないが、予定通りカリニッチを獲得することを強く望んでいる。

 

もちろんオーバメヤンはいい選手だ。ミランが獲得したなら活躍するであろうし、もちろん応援もする。しかし、どうしてもいい案だとは思えない。今後どうなるのだろうか…。