心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

ここ2日間くらいの動き

そこまで目立った動きはなかったのですが、一応まとめます。

・コンティ獲得へ

f:id:amtmunktpgdj:20170623084958j:image

当初アタランタ側の要求は2800万€でしたが、これを2500万€まで下げることに成功しています。ミランは2300〜2400万€で再度オファーをするという報道が出ています。おそらく次の会談で決まるのではないでしょうか。ぜひ2300万€で獲得したいですね。アバーテは今年31歳になる選手で、16-17シーズン中盤は良いパフォーマンスでしたが、目の怪我の状態もよくわかってません。カラブリアはいい選手ですが、まだいきなり絶対的なスタメンとして任せられる選手ではありません。デ・シリオは去就が不透明です。そこに23歳のイタリア代表サイドバックを獲得しようとするのはまったく疑問ではないです。将来的に必ず補強が求められるポジションですし、なにより国産の若手をこの段階で確保できるのは他チームの補強を牽制する意味でも大きいと思います。

ハメス・ロドリゲス

f:id:amtmunktpgdj:20170623085626j:image

ミランが6000万€のオファーをしたというのは完全な飛ばしですが、メンデスと関わりを深くしているミランはハメスの獲得を提案されたとの報道がありました。移籍金は4000万€程度だとの報道です。正直4000万€は適正価格ですが、獲得するにしてもどこのお金を削るのでしょうか。現実的に考えて、今夏獲得するべき選手ではないです。完全に反対しているわけでもないですが。

・ドンナルンマは契約延長へ?

f:id:amtmunktpgdj:20170623092531j:image

報道によるとモンテッラはドンナルンマの家族と会談を行いました。家族はライオラに契約延長を受け入れるように要求しているとの報道もあり、本人もミラン残留を希望しているっぽいので、これは契約延長へ傾いてますね。ミランにとって明らかに良いニュースです。

・カリニッチ獲得交渉は停滞

f:id:amtmunktpgdj:20170623094343j:image

カリニッチ獲得交渉は停滞しています。フィオレンティーナは3000万€から下げるつもりがないので厳しいですね。相変わらずミラニスタから好かれていないカリニッチ(なんでこんなに好かれてないの?)ですが、かなりいい選手であることは間違いないですしぜひ獲得してほしいですよね!僕は予算を無視するのであれば、3000万€はわりと適正価格なのではないかと思ってます。

 

ちなみにビリアは特に進展はないです。それと放出の話もちらほら出てきていますね。ジェノアのペッレグリ獲得の話も出ましたが、インテルも獲得競争に加わってきました。ってなると絶対ちょっかい出してくるのがユベントスで、ジェノアに会談を持ちかけたそうです。ファッソーネ&ミラベッリはかなり若い世代にも目をつけているので、誰かしらの獲得はありそうですね。

f:id:amtmunktpgdj:20170623095753j:image

スパルがロカテッリ獲得に興味を示してきたけど、これを拒否したという報道がありました。最高かよ!