心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

アッビアーティのミラン復帰など…

ここ数日のミランの動きをまとめます。

・ベロッティ獲得案再浮上

f:id:amtmunktpgdj:20170615021840j:image

トリノのペトラーキSDがカーザ・ミランに来たことで、再びベロッティ獲得交渉がはじまったかもしれません。ミハイロヴィッチ監督はミラン時代の教え子であるニアンやサパタに興味を持っているとされ、ミランとしては5000万€+サパタ、ニアンあたりで獲得を狙うようです。アンドレ・シウバを獲得したことによってベロッティ獲得の話は消滅したかのように思われたのですが、もしかするとこれから長期交渉に入るかもしれませんね。ミランとしてもフォワードはひとり補強してるわけですから、もうひとりの補強はそこまで焦る必要はないと判断したのでしょうか。ただし、カイロ会長は依然として1億€を求めてくるでしょうし、もしかしたらニアンやサパタの売却の話だけだったかもしれませんし、期待はしないほうがいいかもしれませんね。個人的にもベロッティ獲得を完全に諦め、シウバとカリニッチを歓迎するムードを作っていたところだったので、完全に振り回されてますね。

追記:ベロッティはレンタル料2000万€+6000万€の買取義務で獲得に近づいたという報道と、ベロッティについては話されなかったという報道がありますね。ただ、カリニッチ獲得の会談が来週に延期されたらしいのでこの1週間でなにか起こるかもしれないですね。なにも起こらない可能性が高いですが。

・ビリア獲得へプッシュ

f:id:amtmunktpgdj:20170615022743j:image

報道しているメディアによって違うのですが、ケイタからなかなか返答がないので、ビリア単独交渉に入っているそうです。ミランは1800万€+400万€のボーナスというオファーを提示して、ラツィオはこれを受け入れるという報道もあれば、ミランは1500万€以上出す気がないというような報道もあります。ただ本人はすでにミラン移籍を決断しているようです。

エバートンアタランタとローマ

f:id:amtmunktpgdj:20170615023800j:image

エバートンのフロントがカーザ・ミランを訪ねてきました。おそらくニアン、バッカ、ラパドゥーラ、デウロフェウについて話し合ったと思われています。しかしニアンはトリノが、バッカはマルセイユが興味を示しており、ラパドゥーラもトレード要員にされる可能性があるので、どんな話し合いが行われたかはわかりません。ちなみにバッカはマルセイユからのオファーは拒否し、セビージャからのオファーを待つそうです。放出の噂はかなり情報が錯綜していてハッキリしないので、なかなかまとめられないです。

f:id:amtmunktpgdj:20170615023803j:image

アタランタとはコンティ獲得交渉が金曜日に行われるそうです。おそらくこの日が重要な1日になるでしょう。移籍金は2500万€前後になると思われます。さらに、ミランはパプ・ゴメスに興味を持っているそうです。これは完全にケイタの代替案ですね。さすがにアタランタから選手獲得しすぎだろ…って感じなのでまだわかりませんね。今後動きがあるかもしれません。

f:id:amtmunktpgdj:20170615025705j:image

2日前にローマとペッレグリーニについて話し合いが行われた模様です。詳細はないのでよくわかっていませんが、新たな獲得候補でしょうか?もともとケシエかペッレグリーニかでローマと取り合いをして、ミランがケシエを獲得したから、ローマはそのままペッレグリーニをチームに戻すと思っていたのですが…。様子見ですね。

アッビアーティミラン復帰

f:id:amtmunktpgdj:20170615024302j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170615032824j:image

長くミランで活躍したレジェンドといっていいGKアッビアーティが、チームマネージャーとしてミランに復帰することが発表されました。フロントとチームの間に入る仕事に就くそうです。ガットゥーゾに続いてまたひとりクラブOBが帰ってくるのは、とてもポジティブなニュースですね。期待しましょう。

デ・シリオはどうなる?

f:id:amtmunktpgdj:20170615030018j:image

このブログはデ・シリオのことを本当に愛してやまない人間が書いているブログなのですが、やはり移籍が濃厚という事実は変わりません。ユベントスアッレグリ監督が「ディフェンスは揃っているのでデ・シリオ獲得はないだろう」と発言しましたが、各メディアによるとリヒトシュタイナーがチームを離れることになればデ・シリオ獲得に動くそうです。個人的にミランに所属している選手、特に生え抜きやミランユース出身の選手はほんとうに大切に思っているので、それなりの贔屓はします。まあデ・シリオに関しては感情論抜きでも必要な選手(客観性を失っているわけではないです。16-17シーズンはチームワースト3位に入るプレーでした。)だと思っていますが。もしミランに残ることになったとしたら多くのミラニスタから口撃されると思いますが、僕はできるだけ守ってあげたいですね。そもそもファンの過激行動がターニングポイントになったわけだし。

・ドンナルンマはどうなる…?

f:id:amtmunktpgdj:20170615024612j:image

現在ミラン首脳陣vsライオラの構図が完全に出来上がっています。昨日までにドンナルンマから返答を貰えるはずがまさかの連絡なし。ミランがドンナルンマに直接会いに行くと、それにライオラが激怒。今や泥沼状態です。しかしドンナルンマの希望はあくまで契約延長のはず。明日、とうとうファッソーネ&ミラベッリvsライオラの直接会談がセッティングされ、そこでどうなるか決まりそうです。ガゼッタによると、年俸400万€の2022年までという契約にほぼ合意しているそうですが、そこにはチャンピオンズリーグ関連でなにか条項がセットされている可能性があり、明日の会談で細かいところも含めてすべてが決まりそうです。結果がどうであれ、できるだけライオラとはもう関係を持たないようにしてほしいですね。

 

ここから数日はさらに重要になりますね。また更新頻度が増えてしまいそうです…。

f:id:amtmunktpgdj:20170615031902j:image