心から愛しているACミラン

イタリアサッカーを愛する人が増えることを願って

クトローネについて

・Patrick Cutrone

f:id:amtmunktpgdj:20170524201614j:image


1998年8月3日生まれ 183cm 背番号63
2006年、8歳のときにミランに入団
各年代のイタリア代表に招集
2017年5月21日、ホームでのボローニャ戦で85分にデウロフェウとの交代でデビュー

 

ミランのアカデミーは、数年前までトップチームに選手を送り込むことがなかなかできていなかった。近年の最高傑作であるオーバメヤンは、ミランでは才能を開花することなく、サンテティエンヌに移籍しており、今はドルトムントでエースストライカーとして活躍している。

しかし今シーズンのトップチームには、多くのミランユース出身選手が所属している。デ・シリオサイドバックのレギュラー、ドンナルンマは絶対的な守護神として君臨しており、ロカテッリやカラブリアもチャンスをもらえている。生え抜きではないが、アントネッリやアバーテミランのユース出身だ。そして先日のボローニャ戦、また1人プロデビューした選手がいる。パトリック・クトローネだ。

f:id:amtmunktpgdj:20170524194339j:image

彼はプリマヴェーラ世代最高のアタッカーで、華麗なヘディングと強烈な右足で多くのゴールを奪ってきた。彼の身長は183cmだが、現代のCBはこれよりも高い選手はたくさんいる。しかし、ヘディングで多くのゴールを決めてきたことが、彼の空中戦での駆け引きのうまさを示している。そして、彼は長時間にわたってスピードを維持するようなタイプではないが、一瞬の動き出しが非常にうまい選手だ。

f:id:amtmunktpgdj:20170524195553j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524195627j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524202000j:image

しかし彼にも欠点はある。そのひとつがテクニック不足だ。彼はシュートセンスに優れており、正確なシュートを打つことができるが、個人技という意味では明らかに足りないように見える。密集地帯でのボールの扱いは期待しないほうがいいかもしれない。さらに一対一の場面でも外す場面がしばしば見られる。つまり、なんでもできる万能タイプではない、ということだ。

f:id:amtmunktpgdj:20170524200419j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524200459j:image

ミランでデビューした彼の大きな目標はイタリア代表に呼ばれることだ。しかし、現在イタリアは多くの若手ストライカーが飽和状態になっている。今後長い間にわたって素晴らしいパフォーマンスを見せ続けることが必要になる。

f:id:amtmunktpgdj:20170524201831j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524200956j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524201011j:image

 

先日デビューしたクトローネについて、僕もプリマヴェーラの試合を見ているわけではないので、プレー集動画でしか見たことがなく、どんな選手なんだろうと思って、海外サイトを参考にして簡単にまとめました。まだデビューしたばかりの選手なので、あまりプレッシャーをかけないように、じっくりと育っていってもらいたいです。あー、すでに大好きだー。

f:id:amtmunktpgdj:20170524202318j:image

クトローネ&ロカテッリが同じピッチに立つ日が楽しみです

f:id:amtmunktpgdj:20170524202710j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524202745j:image

f:id:amtmunktpgdj:20170524202557j:image